\ フォローしてね /

細菌だらけになってない?台所のスポンジを清潔に保つ方法&除菌方法

常に水分を多く含んだスポンジは、目に見えない細菌でいっぱい!

食器や調理器具を清潔に保つためにも、まずはスポンジを正しく保管しましょう。

スポンジを清潔に保つための3つのポイント

ポイント1:なるべくスポンジを汚さない

キッチンペーパーや柔らかいシリコーン製のへらなどで洗う前にひと拭い。

油汚れは落ちにくく、スポンジにもべっとりこびりつきます。食器や鍋を洗う前に軽く汚れを取っておくことでスポンジ汚れも少なくすみます。

ポイント2:スポンジに水分を残さない

使い終わったスポンジは、しっかり絞って乾燥させる。

細菌は水分のある場所で繁殖します。スポンジに残った泡は洗い流し、しっかり絞って保管しましょう。置くのではなく、フックを利用し風通しの良い場所に吊るして保管しても良いでしょう。

ポイント3:定期的に除菌する

除菌方法1:台所用洗剤を使う方法

  • 1:食器や鍋を洗ったら、スポンジに残った泡はきれいに洗い流す。
  • 2:水分は残さないようしっかり絞る。
  • 3:除菌用洗剤の原液をスポンジに染み込ませ、揉み込む。
  • 4:次に使用するときまで洗い流さずそのまま置いておく。

除菌方法2:台所用漂白剤を使う方法

  • 1:水で薄めた漂白剤に、スポンジを約2〜3分つけ置きする。
  • 2:しっかり洗い流し、よく絞って乾燥させる。

除菌方法3:熱湯消毒する方法

  • 1:汚れをしっかり洗い流したスポンジに熱湯を回しかける。
  • 2:よく絞り、風通しの良いところに吊るしておく。
1日の終わりに熱湯消毒すれば除菌に効果的です。

スポンジは定期的に交換!

食中毒を防ぐためにもスポンジは清潔に保ち、衛生的なキッチンで作業したいものですね。

ただし、スポンジを除菌したからといって、完全に菌の数がゼロになることはありません。むしろ生き残った耐性菌がどんどん増殖してしまう可能性もあります。

つまり日頃のお手入れをしつつ、定期的に新しいものに取り替えることが重要。1ヶ月に1~2回は交換するようにしましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。