\ フォローしてね /

100年以上続く伝統!「ウォルドーフスタイルのチキンサラダ」の作り方

ウォルドーフサラダとは、19世紀終わりにニューヨークのホテルで考案された、リンゴやセロリ、ナッツなどをマヨネーズで和えたフルーティなサラダのこと。

フレッシュなリンゴと香ばしいナッツの組み合わせは、さすが100年以上の歴史を生き延びてきたレシピならではの美味しさです。

今回はさらに旨みたっぷりのサラダチキンを加えて、ボリュームを出してみました。

材料(2~3人分)

  • サラダチキン(市販品)… 1パック
  • リンゴ… 1/2個
  • セロリ… 1/2本
  • レーズン… 大さじ1
  • クルミ(刻んで)… 大さじ2~3
  • マヨネーズ… 大さじ2
  • プレーンヨーグルト… 大さじ1
  • 塩、こしょう… 適量
  • サラダ菜(またはサラダほうれんそう)… 4枚

ウォルドーフスタイルのチキンサラダの作り方(調理時間:10分)

STEP1:食材を切る

サラダチキンは1.5cmくらいの角切りに、リンゴもタネをとり、チキンと同じくらいの大きさに切ります。セロリは5mmくらいの輪切りにしておきます。

クルミは粗く刻みます。サラダ菜はさっと水洗いしておきます。

リンゴは皮つきのまま使うと彩りがきれいですが、気になる方はむいても構いません。

STEP2:食材を混ぜる

大きめのボウルにマヨネーズとプレーンヨーグルトを入れて混ぜ合わせます。さらに、クルミとサラダ菜以外の食材を入れて、ていねいに混ぜ合わせます。

混ぜたら塩、こしょうで味を調え、時間があれば冷蔵庫でしばらく冷やして味をなじませます。

さっぱりした味付けがお好みのかたは、レモン汁を加えても良いでしょう。

STEP3:完成!

器にサラダ菜を敷き、その上にサラダを盛りつけ、上にクルミをトッピングしたら出来上がりです。

クルミの量はたっぷりめがおすすめですが、お好みで増減してください。

作り方のコツ

コンビニやスーパーで売っているサラダチキンですが、もし手に入らない場合は蒸し鶏(塩をふって蒸した鶏むね肉)でも良いでしょう。

レーズンは他のドライフルーツでも、またナッツはクルミ以外でも美味しく作れます。いろいろ試して、お好みの組み合わせを見つけてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。