\ フォローしてね /

残りモノのコーンフレークでおいしいチョコクランチを作る方法

コーンフレークが微妙に残ってしまったときにおすすめのチョコレート菓子の作り方を紹介します。

小さく砕いたコーンフレークとレンジで加熱したチョコレートを合わせて固めるだけ!バレンタインのお菓子作りにもおすすめのレシピです!

材料(12個分)

  • コーンフレーク(ここではチョコ味)・・・50g
  • チョコレート・・・100g

道具

  • 耐熱ボウル
  • お好みの型
  • 綿棒
  • チャック付き袋

作り方(調理時間:10分 ※冷蔵庫で冷やす時間は除く)

STEP1:コーンフレークを砕く

コーンフレークをチャック付きの袋に入れて、麺棒で砕きます。

ある程度の形は残しつつ、できるだけ小さめに砕いてください。

STEP2:レンジでチョコを加熱する

小さめに切ったチョコレートを耐熱ボウルに入れ、ラップ無しで500Wのレンジで1分加熱します。

1分加熱したら状態を見てとろっと溶けるまで3~4回くらい繰り返します。

溶けたらスプーンなどでかき混ぜます。

チョコレートは状態を見ながら、加熱しすぎないように注意しましょう。

STEP3:チョコレートにコーンフレークを加える

溶かしたチョコレートに砕いたコーンフレークを加え混ぜます。

全体にチョコが行き届くように、丁寧に混ぜます。

STEP4:型にはめる

スプーンなどを使って、お好みの型にはめていきます。

STEP5:冷蔵庫で冷やす

型に全部入れ終えたらラップに包み、冷蔵庫で30〜40分冷やし固めます。

季節や室温などにより固まる時間が異なることがありますので、型から取り出しずらいときは、冷やす時間を延長してください。

STEP6:完成!

完成です!サクサクしてとても美味しいです。

作り方のコツ

チョコフレークの砕き方が足りないと、サクサク感はあっても口にあたって食べづらいかもしれません。また、反対に粉々にしてしまってはフレークを使った意味がなくなります。

好みもありますが、ほどよく小さめに砕きましょう。今回は筆者的に少し砕きが足りなかったかも、と思いました。

ここではチョコレート味のフレークにしましたが、お好みの味で楽しめると思います。抹茶やストロベリー、ホワイトチョコレートで作ってみるのもいいでしょう。バリエーションが増えると見た目も綺麗だと思いますよ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。