\ フォローしてね /

寒い北国では春一番が吹かない?北海道の春の訪れを告げる雨一番とは

梅雨が来ない、台風も来ない、花粉症で悩まされることもほとんどない北海道。日本の最北端に位置するだけあって他の地域とは異なる気候を持っていて、実は冬の終わりを告げる春一番も吹かないんだそう。

その代わりではありませんが、北海道には「雨一番」というものがあるんだそう。いったい、どんなものなのでしょうか。

北海道には春一番は吹かない!?

そもそも春一番とは

そもそも春一番とは、石川県や三重県より西側の地域で使われていた言葉。春の初めに吹く強い南風を意味していました。これは主に太平洋側の地域で自然現象で、大陸から冷たい北風、西風が流れこむ冬型の気圧配置が崩れることで起こります。

現在は、立春(2月3、4日頃)から春分(3月20、21日頃)までのあいだに初めて吹く、強くて暖かい南風を指す気象用語として使われています。各地の気象台が発表を行っていて、細かな認定基準はまちまちです。

どうして北海道では春一番が吹かないの?

秋田地方気象台によると、東北地方や北海道などの地域でも春一番のような風は吹きますが、春一番として認定されることはないとのこと。

というのも、暖かな南風が吹いた後に「北西からの季節風が吹き、冬に逆戻り」してしまうため冬の終わりを告げる春一番として扱えないんだそう。寒さが厳しく、なかなか春がやってこない北国ならではの理由があったんですね。

北海道で見られる自然現象「雨一番」とは?

北海道では春一番ではなく、雨一番が春の訪れを教えてくれます。これは立春以後、初めて降る雪のまじらない雨を指す表現。青森県ちかくに位置する函館では3月の初めに、札幌では中旬に降ることが多いそうです。寒~い北国のため、雪が降らなくなることが、春の目印になるというわけですね。

ただし、せっかく雨が降っても途中で雪混じりになってしまうことがあり、雨一番の認定は難しいんだそう。また、雨一番のあと、再び雪が降ることも。北国の春って、なんだか遠いなあ。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。