1. 料理
    2. 野菜マシマシで味わいが増す!キムチ炒めをワンランクアップするレシピ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    野菜マシマシで味わいが増す!キムチ炒めをワンランクアップするレシピ

    韓国の辛子味噌「コチジャン」がスーパーで手軽に手に入るようになり、韓国風の料理をいただく機会も増えました。特にキムチと豚を炒め合わせた豚キムチは、定番のおかずになっているご家庭も多いのではないでしょうか。

    キムチと豚肉や鶏肉を炒め合わせるだけで味が決まるので手軽に作ることができるメニューですが、実はいろいろな具材を足すことで味わいがワンランクアップします。

    ここでは、冷蔵庫のあまりもの野菜の整理も兼ねて、いろいろな野菜を使ったキムチ炒めのレシピをご紹介します。

    材料(2~3人分)

    • 鶏もも肉:1枚
    • キムチ:50~100gくらい
    • しめじ:1/2パック
    • 玉ねぎ:1/2個
    • ニンジン:1/2本
    • キャベツ:少々
    • ターツァイ:6~8本
    • ごま油:少々
    • サラダ油:少々
    • 味噌:少々
    • 鶏がらスープの素:少々
    • 塩:少々
    • コショウ:少々

    作り方(調理時間:20~30分)

    STEP1:材料の下ごしらえ

    野菜を適当な大きさに切ります。火が通りやすいように、ニンジンと玉ねぎは薄切りにしてください。

    鶏もも肉の余分な脂を取り除き、食べやすい大きさに切って軽く塩・コショウします。

    STEP2:鶏肉を炒める

    フライパンを温めて鶏肉を炒めます。強めの中火で両面に焼き目がつく程度まで3分くらい炒めます。

    焼き目がついたら金ざるに取り出します。

    STEP3:シメジを炒める

    鶏肉を焼いたフライパンにシメジを入れ、強めの中火で1分ほど炒めます。

    炒め終わったら金ざるに取り出します。

    STEP4:玉ねぎを炒める

    フライパンに少量のサラダ油を足して、玉ねぎを入れます。強めの中火でしんなりするまで1~2分ほど炒めます。

    STEP5:ニンジンを炒める

    フライパンにニンジンを加えます。油をからめるようにして、強めの中火で1分ほど炒めます。炒め終わったら金ざるに取り出します。

    STEP6:キャベツを炒める

    フライパンに少量のサラダ油を足して、キャベツを入れます。強めの中火でしんなりするまで1分ほど炒めます。

    炒め終わったら金ざるに取り出します。

    STEP7:ターツァイを炒める

    ターツァイの根元の部分を先に炒めます。強めの中火で30秒ほど炒めます。

    次に葉の部分をフライパンに加えて、強めの中火で30秒ほど炒めます。

    炒め終わったら金ざるに取り出します。

    STEP8:キムチを炒める

    フライパンでごま油を少々温めてキムチを炒めます。弱めの中火で1分ほど炒めます。

    STEP9:すべての材料を炒め合わせる

    金ざるに取り出しておいた鶏肉や野菜をフライパンに戻し入れます。味噌、鶏がらスープの素を入れて強めの中火で炒め合わせます。

    全体が温まるまで1分ほど炒め合わせたら、塩、コショウで味を調えます。

    STEP10:完成!

    お皿に盛りつけてできあがりです。

    作り方のコツ

    キムチはしっかりと炒めたほうがうま味が増します。具材にさっと火を通したあとに、キムチを唐辛子が焦げない程度にしっかりと炒めて、最後に炒め合わせることがポイントです。

    おわりに

    レシピということで野菜の分量について書きましたが、冷蔵庫の余りものを適当に使う感じで構いません。

    お勧めは、甘みが出る玉ねぎと味がしっかりとした野菜の組み合わせです。ここではターツァイを使いましたが、春菊やほうれん草などもお勧めです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人