\ フォローしてね /

イタリアにもカラスミがあった!?「ボッタルガのパスタ」の作り方

遠く離れたヨーロッパと日本でも、どちらかから伝わったわけでもないのに偶然にして同じような食材を料理に使っている、というケースがあります。

例えば、ボラの卵巣を塩漬けにして乾燥させたカラスミは、イタリアでは「ボッタルガ」と呼ばれ、ほぼ同じ製法で作られます(イタリアでは、ボラの他にマグロの卵巣なども使われます)。

ここでは、イタリアのカラスミ「ボッタルガ」を使ったパスタの作り方をご紹介します。

材料(1人分)

  • パスタ:80g
  • ボッタルガ:10g
  • ししとう:3~5本
  • にんにく:1片
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 塩:お湯1リットルに対して大さじ1

作り方(調理時間:15分)

STEP1:材料の下ごしらえ

ししとうを縦に半分に切って種を取り除きます。

にんにくを包丁でつぶして芯を取り除きます。

STEP2:にんにくを炒める

冷たいフライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱めの中火で炒めます。にんにくの香りがしてくるまで1~2分程度炒めます。

にんにくを炒めている間に、パスタを茹で始めます。

STEP3:パスタを茹で始める

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。茹でている間に次のSTEPに進みます。

茹でる時間は、袋に書いてある時間から少し短めにしましょう。例えば、1.6mm のパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分20秒くらいが目安です。

STEP4:ししとうを炒める

ししとうをフライパンに入れて、中火でさっと炒めます。

パスタの茹で汁を少々入れます。パスタの茹で上がりまで時間があるようでしたら、いったんフライパンの火を切ります。

STEP5:パスタを和える

茹で上がったパスタをフライパンに移し、オリーブオイルを少々と茹で汁をお玉半分程度を入れて、中火にかけながら菜箸かトングで激しくかき混ぜます。

STEP6:ボッタルガを和える

ボッタルガの8割くらいをフライパンに入れて、ざっと和えます。

STEP7:完成!

お皿に盛り付け、残りのボッタルガを散らして、できあがりです。

作り方のコツ

乾燥されたボッタルガは汁気を吸うので、通常のオイル系のパスタに比べると、多少多めに茹で汁を加えます。

おわりに

ボッタルガは普通のスーパーではあまり見かけることはありませんが、輸入食材を扱っているお店では少量(20g)で5~600円程度で購入できます。

もちろんカラスミを使って作ることもできます。ひとかけ程度をすりおろして使ってください。

タラコがお好きな方にはぜひお勧めします。手に入れる機会があったら、ぜひ試してみてください。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。