\ フォローしてね /

受験生必見!勉強の本質から学ぶ、勉強の罠

「勉強しているのにできるようにならない」そんな受験生の悩みを山ほど聞いたことがありますが、そういう人たちには共通する点があったんです。

そもそも勉強って何?

机に向かって問題を解いたり、先生の授業を聞いたりすることが「勉強」だと思っていませんか?実はそれがなんです。

そもそも勉強の本質とはな何か。それは自分のできないことをできるようにする。これに尽きます。多くの人が勉強だと思い込んでいる「授業」や、「机に向かう」というのは、形式に過ぎないのです。

では、どうすればいいのか

授業を選ぶ

よく「予習・授業・復習の黄金サイクルが云々」といったことを言う先生がいますが、これは明らかにミスリードです。

何度も書きますが、勉強の本質は「自分のできないことをできるようにすること」です。できる授業を聞いたって時間の無駄です。

要するに予習をしてわからないところだけ授業を聞けばいいのです。理解している授業の最中は予習を進めましょう。

テストを復習する

よく、自分の現状と向き合いたくなくて、返ってきたテストをそのままにする生徒がいますが、非常にもったいないです。

テストで「自分が出来ないこと」がせっかく明確になったのに、それをなかったことのようにするのは言語道断です。しっかりできるようにしましょう。

問題集を全部やらない

もうお分かりですね。例えば「微分」の分野の理解が足らないからといって、問題集の微分の章を最初から最後まで丁寧に解いていくのは愚の骨頂です。

パッと見てわかると思った問題は飛ばしましょう。重要な問題にマークが付いている参考書が多いので、そういう参考書を買ってみるのもいいかもしれませんね。

重要なのは形式にとらわれて本質を見失わないことです。心より応援しています。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。