1. 雑学
    2. ご飯は保温とレンチンどっちがお得?1ヶ月分の電気代を比較してみた

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    ご飯は保温とレンチンどっちがお得?1ヶ月分の電気代を比較してみた

    「日本人だったらご飯だろ!」

    …というわけで毎日お米を食べている人は多いと思いますが、そのお米、どうやって保存し、食べていますか?冷凍庫で保存してからレンチン?それとも炊飯器の保温モードでそのまま保存?

    一体どっちがお得なのでしょうか。今回は、両者の電気代を比較してみました。

    保温とレンチン、電気代がかかるのはどっち?

    前提条件

    • チンする場合:ご飯1杯分をレンジでチンする
    • 保温する場合:ご飯1杯分を炊飯器で保温する
    • 両者とも朝の7時にご飯を炊き、夜の7時に晩ごはんを食べる

    1回の炊飯で炊く米は1.5合。炊飯器の炊飯時の消費電力は125W保温時は25w電子レンジの消費電力は1200wとします。

    この条件で1ヶ月の電気代を比較してみます。

    電気代=消費電力(kW)×1日の使用時間(h)×1カ月の使用日数(30日)×単価(円)
    電気代単価は27円とします。

    チンする場合

    レンチンする場合は

    • ごはんを炊くとき
    • レンジでチンするとき

    の電気代がかかることになります。ごはんを炊くのにかかる時間は45分なので、時間に換算すると0.75時間。そのため、

    ごはんを炊くとき=0.125×0.75×30×27=75.9375(円)

    レンジでチンするのは2分程度なので、0.03時間。そのため、

    レンチンするとき=1.2×0.03×30×27=29.16(円)

    合わせて105.0975円となります。

    冷蔵庫の電気代は常時かかっているため、冷凍の際の電気代は考慮しませんでした。

    保温する場合

    保温する場合は、

    • ご飯を炊くとき
    • ご飯を保温をするとき

    の電気代がかかることになります。

    ご飯を炊くときはレンチンのときと同じで、75.9375円です。

    ご飯を保温するときは、12時間保温をすることになるため、

    保温する場合=0.025×12×30×27=162(円)

    合わせて237.9375円となります。

    値段でも味でもレンチンのほうが優れている!

    というわけで、保温に比べたらご飯を冷凍庫で保存してレンチンするほうが安いということになりました。1ヶ月単位で見れば100円程度の違いですが、1年単位で見ると1,000円単位になります。長期的に見ると大損です。

    また、12時間も保温するとご飯がガピガピになってしまうので、味の観点からいってもレンチンの方が優れていると思われます。特に冷凍庫で保存し解凍すると、炊きたてっぽい味が楽しめるのでオススメ。

    レンチンがいいことづくめです。皆さん、レンチンにしましょう!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人