\ フォローしてね /

ご飯の友はパスタとも仲良し!「焼鮭とアスパラ菜のオイルパスタ」の作り方

よく脂が乗ってきっちりと塩が効いた焼鮭。お弁当のおかずやおにぎりの具など白飯のパートナーとして最強のおかずのひとつだということに異論はないと思います。

最強のおかずだったらパスタにも合うんじゃないか…?そんな思いつきから生まれたのが、この記事でご紹介する「焼鮭とアスパラ菜のオイルパスタ」です。

材料(1人分)

  • 焼鮭:1/3切れ
  • アスパラ菜:3本
  • 大葉:2枚
  • パスタ:100g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 白ごま:少々
  • にんにく:1片

作り方(調理時間:10分)

STEP1:材料を切る

焼鮭は小骨を取ってほぐします。アスパラ菜は根を切り落としてざく切りにし、茎と葉、花の部分を分けておきます。大葉は軸を取り除いて千切りにします。にんにくは芯を取ってみじん切りにします。

STEP2:パスタを茹で始める

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。茹でている間に次のSTEPに進みます。

茹でる時間は、袋に書いてある時間から少し短めにしましょう。例えば、1.6mmのパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分20秒くらいが目安です。

STEP3:にんにくを炒める

冷たいフライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて、弱めの中火で炒めます。にんにくがきつね色になるまで2分ほど炒めます。

パスタの茹で汁をお玉半分ほど入れて、フライパンの火を止めます。

茹で汁を入れることで、にんにくが焦げてしまうのを防ぎます。

STEP4:アスパラ菜を茹でる

パスタの茹で上がりの3分前になったら、アスパラ菜の茎の部分を鍋に入れます。

パスタの茹で上がりの30秒前になったら、アスパラ菜の葉と花の部分を鍋に入れます。

STEP5:パスタを和える

パスタの茹で上がりに合わせてフライパンに火を入れてソースを温め直します。茹で上がったパスタとアスパラ菜、ほぐした焼鮭をフライパンに入れます。オリーブオイル少々とパスタの茹で汁をお玉半分ほどフライパンに入れます。

中火にかけながら、菜箸かトングで激しくかき混ぜます。汁気が軽く飛ぶまで30秒ほど混ぜます。

STEP6:完成!

お皿に盛り付けて、大葉と白ごまを散らしてできあがりです。

作り方のコツ

焼鮭の塩気があるので、ソースの味付けはパスタの茹で汁の塩分だけで大丈夫です。

アスパラ菜の花の部分は火が通り過ぎると食感が悪くなるので、短時間だけ火を通します。

おわりに

塩気の効いた焼鮭と味がはっきりとしているアスパラ菜に、大葉と白ごまの風味が癖になるような美味しさです。

ここでは、たまたまスーパーで買ってあったアスパラ菜を使いましたが、同じアブラナ科の菜の花はもちろん、小松菜や春菊といった緑色が濃い野菜が合います。

美味しい鮭が手に入ったら、ぜひ試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。