\ フォローしてね /

【心理学】人に好かれるために知っておきたい「ウィンザー効果」とは

「人に好かれたい」なんて思ったことはありませんか?

好かれなくてもいいから対人関係を良くしたいとか、出世するために上司だけには好かれたいとか、思いを寄せてる彼に良い印象を持ってもらいたいとか、シチュエーションは違えど、誰しも間関係をより良いものにしたいと思うものです。

そんなときに知っておきたい心理学が、ウィンザー効果です。

ウィンザー効果とは

第三者を介した情報や噂話の方が直接伝えられるよりも影響が大きくなるという心理現象です。

具体的には、口コミなんかはその典型です。直接商品の宣伝を聞くよりも第三者から聞く場合の方が、自分以外にも噂が広まってる、すなわち人気商品なのだろうと想像してしまい、購買意欲が強くなります。

バンドワゴン効果とも関連しますね。

他にも、学生時代に友達から「Aちゃんがお前のこと好きらしいぜ」と言われてすごくドキドキした経験もウィンザー効果です。Aちゃんの直接の好き度合いがわからないから想像が膨らみ、「きっと猛烈に僕のことが好きなんだろうな」とか思ってしまいがちです。男の子なんてそんなものです。

陰で褒めよう

さて、本題に戻りますが、具体的にどうすれば人に好かれるか、簡単です。陰で褒めればいいのです。

友達との会話で、上司や同僚の陰口で花が咲きがちではありませんか?どうせするならその場にいない人を褒めましょう。

そうすることでその褒め言葉が本人の耳に入ったときの喜びが増します。すると、「好意の返報性」により、褒められた方は褒めてくれた人に好意を抱くようになるでしょう。

陰口はやめよう

言わずもがなですが、第三者を介した悪口はより一層ひどく聞こえるので、陰口はほどほどにしましょう。こちらも回り回って自分に返ってきますよ。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。