1. 料理
    2. 葉もの野菜を長持ちさせる方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    葉もの野菜を長持ちさせる方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    八百屋やスーパーで買ってきた葉物野菜の保存方法、どうしていますか?

    夏は暑さで、冬は乾燥で、ほうれん草や小松菜などの葉物野菜は、大抵買ってから1~2日でぐったりしてしまいます。

    冷蔵庫の野菜室等に入れていても乾燥は防げないし、濡れ新聞紙にくるむのも、用意するまでが大変です。

    でも、結構簡単な方法で、びっくりするほどみずみずしさを長持ちできるんです!

    用意するもの

    • ハサミ
    • セロテープ
    • 野菜が大量にある場合は、タライやバケツなど。 ##やり方

    STEP1

    野菜の入った袋に、野菜が入っている状態のまま、水を入れる。

    野菜が大量にある場合は、タライやバケツに水を張り、袋から出した野菜を浸す。

    野菜全体が浸かるように、水を入れてください。

    STEP2

    全体に水が行ったら、袋の場合は底にハサミで穴を空け、水を抜く。

    タライやバケツの場合は、水を切って野菜を取り出し、再び袋に戻し、底に穴を空けて余計な水分を出す。

    STEP3

    袋の口を折り、中央一カ所だけセロテープで止め、冷蔵庫で保管。

    野菜が適度に呼吸できるよう、セロテープ留めは1カ所でOK。

    おわりに

    ほうれん草などは、水に浸すと流れ出てしまう栄養素があるらしいので、水に浸す時間は短時間の方がベター。ついでに野菜に付いた泥などを落としておくと、調理するときの手間が省けます。

    また、水切りした後も葉に付いた水滴が時間を掛けて流れ出るので、すぐに冷蔵庫に入れず、暫くはシンク内に立てかけるようにして水切りした方が、冷蔵庫内を濡らさずに済みます。

    この方法だと、ニラなど、びっくりするほど長持ちします。
    まとめ買いした大量の野菜、冷蔵庫に入れる前に、是非試してみてください!

    (Photo by http://www.ashinari.com/2009/04/19-017286.php)

    このライフレシピを書いた人