\ フォローしてね /

簡単すぎるカレ飯レシピ!味つけ1つの「豚丼」の作りかた

男性は、お肉が大好き!某チェーン店の牛丼も好きですよね。そんな彼には、牛丼ならぬ「豚丼」はどうでしょうか。

我が家では超簡単な味つけをしているのですが、これがリピート確実の味。「また作って」と言われるので、何度も作って、お弁当にも持たせています。味つけに使っているのは、冬場によく登場する「あれ」のタレです。失敗しない豚丼で、カレの胃袋をしっかりゲットです!!

材料(2~3人分)

  • 豚肉(バラ)…200g
  • たまねぎ…中1個
  • ごま油…大さじ1
  • すき焼きのたれ…50ml
  • 水…50ml

作り方(調理時間:20分)

STEP1:材料を切る

たまねぎを薄切りにします。

豚肉を切ります。豚肉は4~5センチくらいが適当です。

カレ飯を作るなら、豚肉はちょっといいバラ肉を使うのがコツ。いいお肉の脂身は甘いので、それだけで味をランクアップできます!

STEP2:たまねぎを炒める

ごま油をフライパンに敷き、たまねぎを炒めます。

3分間炒めて、しんなりするくらいまで炒めてください。

使うのはごま油!サラダ油よりも味に深みが出ます。できれば、色の濃いものを使うのがおすすめです。

STEP3:すき焼きのタレを加える

味付けに使うのは、すき焼きのタレ。水と混ぜて、フライパンに入れます。

STEP4:肉を入れる

豚肉を上に乗せるようにして置いて、蓋をして3分間、蒸す感じで加熱します。

豚肉は炒めずに蒸すように加熱!こうすることで豚肉がかたくならず、しかも旨みがたまねぎに!

STEP5:蓋を取って混ぜる

蓋を取って、水分を飛ばします。汁だくが好きな人はそのままでも。たまねぎと肉を混ぜると焼き上がりです。

たまねぎに味がしみこんだ色になったら、ちょうど食べごろです。

STEP6:完成!

完成です!ごはんに盛りつけたり、そのままで牛のしぐれ風にして食べましょう!

作り方のコツ

お弁当に持たせたり、そのままおかずとして食べたり、楽しみ方は意外にたくさん。常備菜としても活躍しますよ。すき焼きのタレの味で、甘辛くておいしい豚丼になります。

アレンジで針生姜を加えたりしても◎。定番おかずとして加えてみてください!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。