\ フォローしてね /

超簡単!誰でもすぐに英単語を覚えられる英単語ノート学習法

筆者がもっともおすすめする英単語学習法は、ノートを作ることです。英語を学習していく中で、ぶつかる壁の1つとして、語彙の少なさが挙げられます。

今回は、そんな語彙の壁を打ち破る効率的な方法を紹介します。

超シンプル!英単語ノート

語彙力を伸ばす最も効率の良い方法は、自分が知らなかった単語をノートに書き出すことです。

え?すでにやってるよ?て思った方いませんか?そうです。やっている英単語ノートをいかにして学習に役立てるかということが英単語ノートのポイントなのです。

作り方は簡単。英語の学習を通して出会う自分が知らなかった単語や表現をその都度、ノートに箇条書きにしていくだけです。特におすすめなのが、英会話の中での知らなかった表現をメモするのが効果的です。

とにかくメモをする

筆者がアメリカに留学しているとき、友人との会話で「洗剤を貸してほしいんだけど」と言いたかったときがありました。しかし、当時の筆者の語彙力では、「洗剤」という単語が出てこなかったのです。というよりも知りませんでした。

なんとか、洗剤貸してほしかった筆者が絞り出し表現がこれです。

”Do you have a soap for clothes? ”

いいんです。気持ちの英語でも欲しいものが伝わればいいんです。結果として、この表現で洗剤を借りることができました。

このような経験をしたらすかさずメモです。知らなかった単語である「洗剤」をメモし、調べます。家に帰って調べた結果、「洗剤」は”detergent”であることがわかりました。

調べたあとは、ノートに箇条書きにしていきます。会話の中で使いたかった単語や表現は、ノートに箇条書きにすることでより記憶に定着しやすくなります。箇条書きにした単語を調べて書く行為によって記憶に定着させることもありますが、一番の目的は、復習を繰り返すための仕組みを作ることにあります。

単語ノートを活かすルール

大事なのは反復すること!

箇条書きにとった英単語ノートを活かすルールがあります。それは、反復することです。学生時代を思い出してみてください。やたらと綺麗にノートをとることだけに集中する友人はいませんでしたか?

このパターンの人はだいたい、ノートをとることで満足して勉強した気になっているように思います。ノートは何のためにとるのか考えてみてください。ノートは復習するためにとるものです。

英単語ノートに自分の知らなかった表現を書き連ねたら、必ず復習をしてください。この反復勉強であなたの語彙力を効率良く増やすことができます。

短時間で何度も反復

反復する期間は、1日か2日後が良いでしょう。エビングハウスの忘却曲線でもあるように、人は時間経過とともに物事を忘れていきます。より長期記憶に定着させるためにも短いスパンで何度も復習することをお勧めします。

特に隙間時間での学習に適しています。単語1つ1つで区切りがあるので、通勤時間やお昼休みなど短時間で切り上げることができるためです。とにかく意識することは、短時間で何度も反復すること。机の上でやらず、ソファーの上でもベンチの上でも電車の中でもどこでもさらっと復習してください。

筆者は、コインランドリーや電車の中、お気に入りのカフェやホテルのソファーなどで復習していました。特にコインランドリーでは、洗濯物が出来上がる待ち時間の15分を使ってました。コインランドリーは、適度な騒音があるので音読をしながら発音しながらブツブツ独り言をいっていました。この時間が一番充実した学習だったと言っても過言ではありません。

自分だけのオリジナル英単語ノートを作ることで、出会った単語1つ1つの思い出も残るなど、より記憶に定着しやすいメリットもあります。

英単語ノートのポイント

単語にエピソードが作られる

このノートのポイントは、自分が知らなかった単語と出会ったことにあります。筆者の「洗剤」の件のように、単語1つ1つに出会ったエピソードが作られるのです。

知らなかった悔しさからメモを取り、調べて、ノートにまとめる。それを復習するたびに「この単語はあのとき言えなかった表現だったな」と情景を思い浮かべながら記憶することで、飛躍的に記憶力があがるのです。プラス、音読をして聴覚を刺激しながら暗記をする。そういった方法をとることでより効率があがります。

フリクションとルーズリーフの組み合わせ

また、より効率的に復習する方法として、フリクションとルーズリーフの組み合わせでノートを作ることをおすすめします。フリクションは、消せるインクペンなので見やすく簡単に消せます。反復は短時間で集中して取り組むべきなので、1本のペンで書き消しできるのはメリットです。

ルーズリーフを使うのは、覚えたページを整理するのに長けているためです。覚えたノートを外したり、どうしても覚えられなかった単語だけをピックアップして、より自分にとって整理しやすく覚えやすい順番で復習ノートを作れるためです。

復習する際、わからない単語の隣に点の印をつけていきます。1回目でわからなければ「・」とチェックする。2回目の復習でもわからなければ「・・」と印をつけていくことで、どの単語を覚えていないか一目でわかります。

反復するときは時間が限られていますので、印のない単語は2回目の反復でとばします。印のある単語を重点的に反復していくことでストレスなく短時間で復習できます。

英単語ノートのまとめ

  • 1)知らない英単語に出会ったらすぐにメモ
  • 2)箇条書きでノートに書いていく
  • 3)何度も反復する

◎反復するときのポイント

  • 短時間で何度も反復
  • フリクションとルーズリーフの組み合わせでまとめる
  • 単語に出会ったエピソードを思い出しながら暗記する

自分が知らなかった英単語を箇条書きにすることで、必要な単語で形成された最も効率の良い単語ノートになります。自分にしか作れないオリジナルのノートで語彙力を伸ばしてください。

筆者のサイトでは他にもさまざまな英会話学習方法を提供しています。
Abroader

気になった方はぜひチェックしてみてください。

(image by amanaimages 1 2 3)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。