\ フォローしてね /

副菜を制するものは料理を制す!?「中華風ホタテ茶碗蒸し」の作り方

恋人と自宅でくつろいでいるときに、「おなかすいたね」「ありあわせで、なにか作ろうか?」という状況になることはありませんか。そんなとき、残り食材で手早くチャーハンでも用意して、さらに美味しい中華風茶碗蒸しなんかを添えられたら、料理上手だと思われること間違いありません。

メインの料理が美味しいのは、彼も想定の範囲内でしょうが、副菜や汁物など細部に心遣いを見せることで、料理がうまいだけでなく、こまやかな女性らしさもアピールできます。

使う食材は缶詰を買い置きしておけば、あとは玉子やネギなど普通の食材なので、急な状況でも対応できそうだし、玉子液に缶汁を使えば、ダシをとる手間もかかりません。今回は蒸し器を使わず、100円ショップで売っている、鍋にセットできるタイプの蒸し器プレートで作ってみました。

材料(直径10cmのココット型×2個)

  • 玉子(M~L)…1個
  • ホタテ缶(小)…1缶
  • エリンギ(小)…1本
  • おろし生姜…小さじ1/2
  • 塩…適量
  • オイスターソース…小さじ1
  • ごま油…適量
  • 万能ネギ(刻んで)…大さじ1

中華風ホタテ茶碗蒸しの作り方(調理時間:25分)

STEP1:ホタテ缶の身と汁を分ける

ホタテ缶を身と汁に分け、身はさらに半分ずつ(具とトッピング用)に分けておきます。

STEP2:エリンギを切る

エリンギの長さを器のサイズに合わせて切り、薄切りにします。幅の太いものは、さらに半分に切ります。

エリンギは7cmくらいの小さいものを使いましたが、大きなものを使う場合は量を調節してください。

STEP3:中華だし液を作る

缶汁は水を足して200ccになるようにし、オイスターソース・塩・おろし生姜を加えて、ちょっと濃いめのお吸い物程度に味をつけます。

STEP4:玉子液を作る

玉子を割りほぐし、STEP3の中華だし液を加えて、泡立てないように混ぜます。口当たりをなめらかにするために、ざるで何度かこします。

STEP5:器に入れる

器にほぐしたホタテの身とエリンギを入れて、玉子液をそっとそそぎます。

STEP6:蒸し器で蒸す

蒸気の上がっている蒸し器に、ラップをかけた器を入れてフタをし、強火で2〜3分蒸します。それから弱火にして12〜13分さらに加熱します。竹ぐしを刺し、澄んだ汁が出てきたら蒸し上がりです。

鍋に入れてある蒸し器用のプレートが、100円ショップの商品です。

STEP7:完成!

蒸し上がったら、上にごま油を垂らし、ほぐしたホタテの身と刻んだ万能ねぎをのせて出来上がりです。アツアツを召し上がってください。

作り方のコツ

今回はホタテとエリンギの茶碗蒸しですが、エリンギがなければ省略して、シンプルなホタテだけの茶碗蒸しにしても美味しいです。

また、時間も食材も豊富にあるときには、以下の和風の正統派茶碗蒸しもぜひお試しください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。