\ フォローしてね /

彼ママに好評まちがいなし!「大根の葉と桜海老のかき揚げ」の作り方

彼ママやお義母さんに食事を振舞うことになったら、何を作ればいいかとっても悩みますよね。凝ったオシャレ料理を頑張って作るより…素朴な「かき揚げ」で、おもてなししてみるのはいかがでしょう?

今回は大根の葉を使って、節約も料理上手もアピールできちゃうかき揚げのレシピをご紹介します。

桜海老とゴマの香りが上品。温そば・ざるそば・かき揚げ丼など色々なアレンジができ、大好評まちがいなしの一品です!

材料(4人分)

  • 大根の葉:100g
  • 桜海老:10g(大さじ2程度)
  • 白いりごま:10g
  • 天ぷら粉:100g
  • 氷水:120cc
  • サラダ油:適宜

作り方(調理時間:10分)

STEP1:具材の準備

大根の葉を溜め水でよく洗い、5cm幅くらいにザク切りにします。

ビニール袋に水気を拭いた大根の葉と、桜海老、いりごまを入れます。

STEP2:粉をまぶす

天ぷら粉を加えて、空気を入れて袋の口をしっかりと結び、全体に粉がまんべんなくいき渡るように振り振りして、ボウルにあけます。

STEP3:氷水を加える

粉をまぶした具材にキンキンの氷水を端から回すように流し入れます。

粉の白っぽさがなくなるまで滑らかに混ぜてタネを作ります。

STEP4:揚げる

フライパンにサラダ油を1cm高さまで注ぎ、中火にかけます。

菜箸を入れてフツフツ泡立ったら4等分したタネをお玉で静かに入れます。

2分揚げたらひっくり返し、裏側も2分揚げましょう。

STEP5:完成!

油をよく切り、お皿に盛りつけて完成です。

作り方のコツ

衣を作るときに粉を先にまぶすとダマになりにくく、サクサクに仕上がります。

大根の葉と桜海老が季節を感じさせるいい香りで、いりごまがおいしい食感をプラスしてくれますよ。

塩や麺つゆなど、お好みで添えてお召し上がりください。懐紙を敷いて盛りつけすれば、和食好きの彼ママに褒められること間違いなしですよ。ぜひお試しください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。