\ フォローしてね /

お弁当にも使える常備菜!「ワカサギのエスカベッシュ」の作り方

朝の忙しい時間に作るお弁当には、作り置きしておくことができる常備菜があると重宝しますよね。

ここでは、西洋風の南蛮漬けである「ワカサギのエスカベッシュ」の作り方をご紹介します。

材料(ワカサギ1パック分)

  • ワカサギ:1パック
  • 玉ねぎ:1/2個
  • ニンジン:1/2本
  • 小麦粉:1/2カップ程度
  • サラダ油:2カップ程度
  • にんにく:1片
  • 輪切り唐辛子:少々
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 砂糖:ふたつまみ
  • 塩:少々
  • 白ワイン:50cc
  • 酢:50cc

作り方(調理時間:30分 ※漬け込む時間を除く)

STEP1:材料を切る

ニンジンの皮をむいて、千切りにします。

玉ねぎは薄めのスライスにします。

STEP2:ワカサギの下ごしらえ

ワカサギに塩をまぶして表面のぬめりを落とします。水で塩を流した後、金ざるに入れて水気を切ります。

STEP3:ワカサギを揚げる

ワカサギに小麦粉をまぶします。

160℃程度のやや低めの油で、じっくりと揚げていきます。

とはいえ、ワカサギは小さいのでそれほど時間はかかりません。

表面がカリッとして表面に浮いてきたら、キッチンペーパーの上に取り出して油を切ります。

STEP4:にんにくを炒める

小鍋にオリーブオイルとみじん切りにしたにんにく、輪切り唐辛子を入れて弱めの中火にかけます。にんにくの香りがしてきて、軽くきつね色になるまで2~3分ほど炒めます。

STEP5:玉ねぎを炒める

玉ねぎを小鍋に入れて炒めます。中火にして、玉ねぎがしんなりとしてくるまで2分ほど炒めます。

STEP6:ニンジンを炒める

ニンジンを小鍋に入れて炒めます。中火のまま、ニンジンがしんなりとしてくるまで2分ほど炒めます。

STEP7:野菜を煮る

野菜がひたひたになる程度の水、白ワイン、砂糖と塩を入れて中火で煮ます。

煮立ってから1分ほど火を通した後に酢を入れます。酢を入れてから再び煮立つまで火にかけて、煮立ったら火を切ります。

STEP8:ワカサギを浸ける

適当な大きさの容器に、油を切ったワカサギの半量を並べます。

煮た野菜の半量をワカサギの上に乗せます。

残りのワカサギと野菜を容器に入れ、小鍋に残った汁をすべて容器に入れます。

粗熱が取れるまで放置した後、冷蔵庫に入れて寝かせます。

STEP9:完成!

一晩以上、寝かせればできあがりです。

筆者は3、4日くらい浸けてしんなりとしたくらいが好みです。

作り方のコツ

酢を入れてから煮たて過ぎると酸味が飛んでしまいます。最後に酢を入れて、軽く煮たてるだけにするのがポイントです。

揚げたワカサギと、煮た野菜はなるべく熱い状態で絡めるほうが良いです。STEP3とSTEP4~7は同時進行が良いのですが、慣れない場合には先にワカサギを揚げるほうが失敗なく作れます。

おわりに

夏の暑い時期には、酸味が利いている常備菜はさっぱりして食べやすく、お弁当のおかずの候補として、覚えておいて損はないと思います。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。