1. 暮らし
    2. これだけは絶対にダメ!お葬式ではやっていけないタブー

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    これだけは絶対にダメ!お葬式ではやっていけないタブー

    社会人の皆様、特にお若い方々、お葬式でのマナーはご存知ですか?人生のうちあまり多く経験する事ではないので、なかなかきちんと知ってらっしゃる方は少ないのではないでしょうか。

    しかしながら、社会人として“知りませんでした”、”分りません”、”初めての事なので、、、”という言い訳はもはや通用しません。

    今回この場で最低限の事だけでもお勉強なさって下さい。

    知っていて損になるような事は決してありません。

    これだけは絶対にダメ!お葬式のタブー

    ピン札はタブー

    お香典に使うお札でピン札を使うのはタブーです。わざわざ銀行に行き、そのお葬式の準備を前もってしていたという意味合いを持ち合わせますので、不祝儀は何度か使われているお札を使いましょう。

    美容院には行かない

    沢山の親戚やご近所様が集まるので、ついつい身だしなみを整えたくなりがちですが、そこはぐっと我慢。お化粧もなるべくしないのがベターです。

    忌み言葉に気をつける

    不幸が重なるということを連想させる重ね重ね、返す返す、または亡くなった方に対する言葉で、浮かばれない、迷う、苦しむなどは忌み言葉とされ、お葬式やお通夜の場で使うのは厳禁です。

    アクセサリーはつけないか、もしくはパールで統一する

    アクセサリーも大事なポイント。きらびやかなアクセサリーは言語道断、大変失礼にあたります。パールで全て統一するか、もしくは何もつけないのが良いでしょう。

    直後の訪問は普段着で

    お悔やみの連絡をうけてすぐに亡くなられた方のところへ行かれる時に喪服は厳禁です。お香典も後回しにして下さい。まるで今や今やとその時を待って、しっかり準備していましたと言わんばかりの喪服での登場は大変失礼です。

    たった今不幸を知って、着の身着のまま慌てて駆けつけて参りましたという姿勢が大事なのです。とは言えども、悲しみのまっただ中への訪問になりますので、服装としては地味な物を選んで下さい。

    おわりに

    いかがでしたでしょうか。少しは参考になったでしょうか?もしまだ気になる事などがある時には、ご両親や上司の方にしっかり確認をとって下さい。

    冠婚葬祭のマナーは一見簡単な様で、とても複雑であり、ルールの数も多い物です。ぜひこの機会に知識を深めてみてはいかがでしょうか?

    このライフレシピを書いた人