\ フォローしてね /

お家でおしゃれに!「豚コマ肉と菜花のあっさりトマトパスタ」の作り方

筆者が子供の頃にはスパゲッティというとミートソースとナポリタンしかありませんでしたが、最近はパスタの専門店もたくさんできましたし、スーパーには色々な種類のパスタソースが売っており、昔ながらのスパゲッティから、おしゃれなパスタまで色々な種類のものが食べられます。

実は、おしゃれなパスタはお家でも作ることができます。高級な食材を買ってこなくても、トマトの赤と野菜の緑をバランスよく合わせるだけで、ありふれた食材でもちょっとしたカフェのランチに出てきそうなものを作ることができます。

ここでは、「豚コマ肉と菜花のあっさりトマトパスタ」の作り方をご紹介します。

材料(2人分)

  • 豚コマ肉:100g程度
  • 菜花:5~6本
  • ミニトマト:12個
  • にんにく:1片
  • 輪切り唐辛子:少々
  • パスタ:200g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 塩・胡椒:適宜
  • 塩:お湯1リットルに対して大さじ1

作り方(調理時間:15分)

STEP1:下ごしらえ

菜花を花、葉、茎に分け、それぞれ適当な大きさにざく切りにします。ミニトマトはヘタを取って半分に切ります。にんにくは芯を取り除いてみじん切りにします。

豚コマ肉を食べやすい大きさに切って、塩・胡椒で下味をつけます。

STEP2:豚肉を炒める

フライパンを温めて豚肉を入れます。強火で赤いところがなくなるまで炒めたら、取り出しておきます。

STEP3:パスタを茹で始める

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。茹でている間に次のSTEPに進みます。

茹でる時間は、袋に書いてある時間から少し短めにしましょう。例えば、1.6mmのパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分20秒くらいが目安です。

STEP4:にんにくを炒める

フライパンにオリーブオイル、にんにく、輪切り唐辛子を入れて炒めます。にんにくがきつね色になるまで弱めの中火で2分ほど炒めます。

パスタの茹で汁をお玉半分ほど入れ、取り出しておいた豚肉を戻し入れます。

STEP5:菜花の茎を茹でる

パスタの茹で上がりの3分前になったら、菜花の茎の部分をパスタを茹でている鍋に入れます。

STEP6:トマトを炒める

フライパンにトマトを入れて炒めます。弱めの中火で2分ほど炒めます。

STEP7:菜花の花を茹でる

パスタの茹で上がりの30秒前になったら、菜花の花の部分をパスタを茹でている鍋に入れます。

STEP8:パスタを和える

パスタと菜花をフライパンに移します。菜花の葉の部分もフライパンに入れ、茹で汁をお玉半分とオリーブオイルを少々かけまわします。

中火にかけながら、菜箸かトングで激しくかき混ぜます。

STEP9:完成!

お皿に盛り付けてできあがりです。

作り方のコツ

ミニトマトは、形が残る程度にさっと火を通してあっさりめのソースにすることで、菜花の緑が映えます。

菜花は茎、花、葉で火の通りやすさが違うので、タイミングを変えて火を通すことで食感を合わせます。

おわりに

ありふれた材料しか使っていませんが、赤と緑のバランスを合わせるだけで、おしゃれなパスタの完成です。

菜花はちょっと季節ものですが、緑が映える小松菜やブロッコリーなどの野菜もお勧めです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。