\ フォローしてね /

5分で作れて栄養バランスも◎!「炒めトマトワンプレート」の作り方

お昼ご飯を食べる時間も惜しいくらい忙しいときって、たまにありますよね。それでも食べないと力が出ませんから簡単に済ませたいけど、お茶漬けや卵かけご飯などの気分じゃないときにパパっと作れるレシピがいくつかあると、とても便利です。

そんなときに筆者がよく作るメニューのひとつ、「炒めトマトワンプレート」の作り方をご紹介します。

材料(1人分)

  • 冷やご飯:1人分
  • ミニトマト:5、6個
  • レタス:1、2枚
  • アスパラ:2本
  • ベーコン:1枚
  • 卵:1個
  • にんにく:1片
  • オリーブオイル:小さじ1/2
  • 塩:少々
  • コショウ:少々

作り方(調理時間:5分)

STEP1:ご飯を温める

冷やご飯を電子レンジで温めます。お好みの時間で構いませんが、1人分が600Wで1分半くらいが目安でしょう。

少し時間が経って固くなってしまっている場合には、少量の日本酒を振りかけてから温めるとふっくらとします。

STEP2:下ごしらえ

ご飯を温めている間に、材料を切ります。

  • ベーコン:細切り
  • ミニトマト:半分に切る
  • アスパラ:穂先を切り分けて、茎の部分は皮をむいて斜めの薄切り
  • レタス:適当な大きさにちぎる
  • にんにく:みじん切り

STEP3:にんにくを炒める

冷たいフライパンに、オリーブオイルとにんにくを入れて、弱めの中火にかけます。しゅわしゅわと泡が立つてくるまで1分ほど炒めます。

STEP4:他の材料を炒める

アスパラ、ベーコン、ミニトマトをフライパンに入れて中火で炒めます。ミニトマトに軽く火が通るのを目安に1分ほど炒めます。

STEP5:盛りつける

お皿に温めたご飯を盛りつけ、フライパンで炒めた具材をオリーブオイルごと盛りつけます。

お皿の脇にレタスを盛りつけます。

STEP6:目玉焼きを作る

具材を炒めたフライパンを軽く熱し、卵を割り入れて目玉焼きを作ります。白身に火が通る程度まで強めの中火で30秒~1分ほど火を通します。

お皿の上に目玉焼きを乗せて、軽く塩、コショウをふります。

STEP7:完成!

レタスにマヨネーズや、お好みのドレッシングをかけて、できあがりです。

作り方のコツ

時間短縮のために、具材は一度にまとめて炒めます。長く火を通したいものは薄めに切って、火の通り方をそろえます。

高い温度では、卵は黄身よりも白身が先に固まるので、強めの火でさっと火を通します。黄身が固め方がお好きな方は、弱めの火でフタをしながら少し時間をかけて焼いてください。

おわりに

目玉焼きには、醤油やラー油をかけていただくのが筆者のお気に入りです。

手早く作ることができて、とても美味しいのでぜひ試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。