1. 暮らし
    2. 訃報を受けた時から告別式参列のタブー・NG

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    訃報を受けた時から告別式参列のタブー・NG

    悲しみの知らせを受けると、誰でも動揺せずにはいられないですよね。

    失礼にならない様に気をつけていても、意外に知らない事も多く周りの人に不快感を与えたりする事もありますよね。

    今回は訃報を受けた時から通夜・告別式参列におけるタブー・NGを教えたいと思います。

    悲しみの知らせを受けてからのタブー・NG

    悲しみの知らせを電話で受けた時

    電話口で取り乱したり、亡くなった原因を聞くのはタブーです。動揺していても、電話では落ち着いて受け止めるようにします。

    喪家への弔問

    喪家に至急駆けつけるべき人は、近親者と自他共に許す親友、また身内同様の立場の方だけなので、一般の弔問は通夜の祭壇が整わないうちの弔問はNGです。

    遠方が不幸の知らせを受けた場合

    すぐに駆けつける事が出来ない場合、電報か電話でお悔やみを述べましょう。

    先方に伺う到着時間を知らせないのはタブーです。きちんと知らせておきましょう。

    弔問できないとき

    どうしても弔問、通夜、葬儀に出られない場合は、急いで電報を打ち、49日までに弔問するようにしましょう。

    それでも出来ない場合そのままにしておくのはタブー・NGです。後日改めてお悔やみの手紙と香典を送封します。

    その場合の香典を直接現金書留に入れるのはタブーです。直接お金を入れず、黒白の水引きをかけた香典袋に入れ、お悔やみ状と一緒に現金書留で送るのがマナーです。

    香典代わりに生花や果物かごを祭壇にお供えするのも良いです。遠方の方の場合は弔電と、全国チェーンのお花屋さんに届けてもらう方法もあります。

    ご近所の人達の場合

    親しく近所づき合いされている場合は、すぐに弔問に伺いお手伝いを申し出た方が喜ばれますが、世話役代表の方と相談もされず出しゃばることはNGです。

    きちんと指示をあおぎましょう。

    あまり親しくない場合は、玄関先の弔問にとどめて、出棺のお見送りをします。

    子供連れでの弔問の場合

    お通夜の席や葬儀に連れて行くのはタブーですが、どうしても連れて行かなければいけない場合は、早めに伺って早めに引き上げるようにしましょう。

    ご遺族の方でお子さんが小さい場合は、近所が子守りを申し出てあげましょう。

    通夜ぶるまいのお酒について

    遺族の方に通夜ぶるまいをすすめられた場合に遠慮するのはタブーです。

    そのとき出されるお酒は「清めの酒」で、亡くなられた方が無事に成仏できるように祈りをこめていただくお酒ですのでお清め程度にいただきましょう。

    泥酔するほど飲むのはもちろんタブー・NGです。

    喪服やアクセサリー・化粧について

    あまり華美になる装いは周りの人を不快感にさせるのでNGです。

    真珠は二連・三連は遺族の悲しみを思えば避けるほうがベターです。イヤリングも外しましょう。

    マニュキュアやお化粧も控えめに。赤い口紅はNGです。

    おわりに

    宗派別でのマナーやNGもありますので、焼香の仕方が自分が思ってるやり方が間違ってる場合がありますので、周りのやり方をよく見て失礼のない様に気をつけてくださいね。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人