1. 趣味
    2. 500円玉貯金、もう挫折しない!毎日楽しく貯めていくコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    500円玉貯金、もう挫折しない!毎日楽しく貯めていくコツ

    500円玉貯金をしたことはありますか?よく100円ストアなどに『10万円が貯まる貯金箱』といった商品が売られていますが、実際に500円玉で10万円が貯まるまでにはどれぐらいの期間がかかるのでしょうか。

    ここでは、500円玉貯金ではどれぐらいお金が貯まるのか、また500円玉貯金を楽しく続けるためにはどうすればいいのかをご紹介します。

    500円玉貯金でどれくらい貯まるのか?

    では、実際に500円玉貯金でどれくらいのお金が貯まるのかを計算してみましょう。例えば、2日に1回500円玉貯金をしたとすると、1年間で、

    365 ÷ 2 × 500円 = 91,250円

    となり、9万円以上貯まります。2日に1枚のペースであれば、だいたい13ヶ月で10万円が貯まると覚えておきましょう。

    500円玉貯金を続けるコツ

    続いて、500円玉貯金を続けるコツをご紹介していきます。

    貯めやすい貯金箱を使う

    まず、500円玉貯金をするには、貯めやすい貯金箱を買いましょう。貯めやすい貯金箱というのは、「缶切りなどを使わないと開けられない貯金箱」です。

    自分の目の届く範囲に500円玉があると、ついついコンビニに行くときなどに1枚つまんで使いたくなってしまうものです。そこで、簡単には開けられない貯金箱を使うことで、そうした無駄遣いを防止しましょう。

    「いつのまにかこんなに!」という喜びを得るためにも、貯金箱選びは大切です。

    買い物は500円玉をうまくもらうゲームと考える

    続いて、日頃の生活の中で500円玉貯金を継続させるために、買い物などでは「うまくお釣りが500円になるように支払うゲームをしている」と考えるようにしてみましょう。

    スーパーなどで、レジに商品を預けてお会計金額が表示されたら、すぐにお釣りがうまく500円玉でもらえるように支払えるかどうかを計算しましょう。

    一見難しいように感じるかもしれませんが、慣れればまったく難しくはありません。ちょうどの金額を支払うのではなく、いつもおつりが999円〜500円になるように支払っていれば、自然とあなたの財布には500円玉が残るようになるはずです。

    貯めるのが楽しくなる貯金箱

    楽しく貯めるために貯金箱の重要性を書いてきましたが、具体的におすすめの貯金箱を紹介します。

    ドラゴンクエスト スマイルスライム スライムバンク ゴールド

    2012年にドラゴンクエストが25週年を記念して発売した貯金箱です。大きさは500円貯金で50万円くらい貯まるのではないかというサイズで、部屋に置くと色も相まって、かなりの存在感があります。

    ドラクエ好きの人であれば楽しんで貯金できること間違いなしです。

    10万円貯まる本「日本一周版」

    本なのに貯金箱?と疑問に思うかもしれませんが、これはページごとに500円玉をはめ込んでいくという形式の貯金箱で、はめ込む場所に地名が書かれています。東京の日本橋からスタートして、10万円分貯めると日本一周できるという遊び心にあふれた商品です。

    普通の貯金箱ではどのくらい貯まっているのかが実感しにくいですが、これなら1枚ごとに日本一周の旅が進んでいくので、貯まっていくのを実感できます。ほかにも「世界一周版」や「人生の金言 名言版」などもあるので、好みで選んでみてはいかがでしょうか?

    100万円貯まる貯金箱

    『10万円貯まる貯金箱』は有名ですが、その10倍の100万円が貯まる貯金箱です。当然ですが、サイズもそのぶん大きくなっていて、最初は「これが満タンになる日は来るのだろうか…」と不安になるかもしれません。

    ただ、10万円じゃ満足できない、もっと貯めるんだ、という意気込みのある人はこの貯金箱を使ってみましょう。本当に100万円貯まったら、その達成感はきっと10倍以上ですよ。

    500円玉貯金を楽しもう!

    貯金を続けるためには、さまざまな工夫をして、日々のモチベーションを保つことが重要です。

    人間、つらいことを毎日続けることはできません。今回ご紹介した貯金が楽しくなるような方法を使って、ぜひ500円玉貯金を楽しんでみてください。

    500円玉がたくさん貯まったら両替をしましょう!

    (image by amanaimages1 2 3 4)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ