1. 暮らし
    2. 「ものを捨てて」部屋をキレイに保つ3つのコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ものを捨てて」部屋をキレイに保つ3つのコツ

    大掃除…もう少しずつ始めてますか?一度にやろうとしてもなかなか大変ですよね。毎日少しずつやるのが一番です。

    しかし、掃除をしようとしても、物があふれかえった部屋ではたとえ掃除機をかけても床を水拭きしても、キレイに片付いたとは言えません。

    そんなときはいらないものを捨てて、まずは部屋をすっきりさせてみませんか?ここでは効果的に実践するコツをご紹介します。

    「ものを捨てる」コツ

    まず部屋にある要らないものを片付けないことには、掃除が進みません。

    掃除とは、要らない物を隠すことではないのです。要らないものは思い切って捨てましょう。

    POINT1:1年間着なかった服を捨てる

    洋服は増え続ける一方で「いつかまた着られるだろう」という思いが強く出るものです。「いつかまた流行が来るだろう」「いつか痩せたらまた着られるかもしれない」そんな思いで取っておく人が多いと思います。

    しかし、いつもそんな考えをしていたら、たまる一方ですよね。流行が来たら、痩せられたらまた再び買えばいいという意志で思い切って捨てましょう。

    POINT2:使わない品物を捨てる

    キッチンに使わないものが溢れかえっていませんか?

    ずっとしまいっぱなしの使わない食器。頂き物だけど趣味が合わなくて使わない新品のもの。子供が大きくなったのに、赤ちゃん用の食器…などなど。

    キッチンの棚は使うものだけを残して、燃えないゴミの日などにどんどん捨ててしまいましょう。また、読まなくなった本も処分してしまいましょう。

    もったいなくて出来なければ、新品の物は誰かにあげたり、フリーマーケットやバザー、リサイクル、買取に出すのも一つの方法です。

    POINT3:再利用出来るものでも不要に取っておかない

    よくレジ袋や割り箸、輪ゴム、短くなった鉛筆・・・・などを沢山取っておく人がいます。そんなに必要ですか?とっておいて、便利に使っていますか?

    そういうものは10個ずつなど最小限の数を決めて、それ以上に増えたら、もう集めるのはやめてどんどん捨てましょう。

    どうしても欲しくなったらいつでも買えるという気持ちがなければ、いつまでも不要なものと離れられません。

    「捨てられない!」という気持ちを捨てる

    いかがでしょうか?ものが溢れかえった部屋は、とても乱雑で見た目もすっきりしません。

    いくら押し入れなどに収納しても戸を開けたらごちゃごちゃでは困りますよね。ものがなければ収納に困ることだってないのです。「捨てられない!」という気持ちを捨て、新しい自分を手に入れましょう!

    これを機に、不要なもののないすっきりキレイな部屋に住みたいものですね。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ