\ フォローしてね /

くちばしコーンが可愛い!子どもが喜ぶ「にわとりおにぎり」の作り方

おにぎりにひと手間加えるだけでこんなにかわいくなりました。くちばしコーンのにわとりおにぎりです。

基本の俵型おにぎりにコーンのくちばしをつけるだけなので簡単に作れます。少食のお子さんのお弁当にぴったりですよ。

材料(1人分)

  • ごはん:茶碗1杯
  • コーン:大さじ1
  • ※梅干し:1個
  • ※ケチャップ:少々
コーンは缶詰で構いません。細長い形のコーンのほうがご飯に刺しやすいので、少し多めに用意しその中から使いやすいものを選ぶとよいでしょう。
※梅干しとケチャップは、トサカのためにどちらかを用意してください。ケチャップのほうがより簡単に作ることができますが、今回のレシピでは梅干しを使っています。

  • 海苔:少々(八つ切り1枚程度)
  • ごま:少々
海苔とごまはにわとりの目にするので、どちらか用意してください。海苔の場合は、穴あけパンチャーやハサミを使って目の形に切っておきましょう。

作り方(調理時間:10分)

STEP1:ごはんを握る

ご飯を俵型に握ります。お弁当箱に入れる場合は、箱の大きさに合わせて握ると詰めやすいです。

STEP2:梅干しを切る

梅干しの端を細長く切ります。

1cm角になるよう梅干しを切ります。

トサカにケチャップを使う場合はこのSTEPを飛ばします。

STEP3:くちばしをつける

おにぎりの中央に菜箸でつくようにして穴をあけます。

箸の先が太いものを使うと作業しやすいです。

穴にコーンを差し込みます。

STEP4:目とトサカをつける

ごまか海苔で目を作ります。

トサカを乗せます。梅干しは箸でつまみ縦長に形づけて乗せましょう。

ケチャップの場合は、トサカに当たる部分に少しだけ絞りだしましょう。口が太い容器のケチャップを使用する場合、一旦お皿に取り出し、箸やスプーンで少しだけ取っておにぎりに乗せます。

にわとりになりました。

STEP5:出来上がり!

お弁当に詰める場合、サラダを敷くときれいです。

作り方のコツ・注意点

小さめの一口握りにし、いっぱい作ればパーティーにもってこいです。ご飯茶碗1杯分でピンポン玉くらいの大きさ約3個作れます。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。