\ フォローしてね /

枕は雑菌の温床だった!?正しい枕のお手入れ方法

突然ですが、枕のお手入れはきちんとできていますか?カバーは洗っているけれど、枕本体はベッドの上に放置しっぱなしという方も多いのではないでしょうか。

睡眠中、ずっと頭に触れている枕は、実は雑菌の温床。毎日の快適な睡眠のためにも、正しい枕のお手入れ方法を確認しましょう。

枕って洗えるの?

枕には、中の素材によって洗えるものと洗えないものがあります。まず自分が使っている枕が洗える素材かどうかチェックしましょう。

洗濯OKな素材

綿やパイプ、ミニボールであれば洗濯が可能です。洗濯機が使えるのか、手洗い必須なのか、洗い方も確認しましょう。

洗濯NGな素材

そばがらや羽根、低反発ウレタンは洗濯ができません。そばがらなら天日干し、羽根・低反発ウレタンは陰干しをします。洗濯ができないので、こまめに枕カバーを洗濯するように心がけましょう。

洗濯可能な場合は、枕を傷つけないためにいくつか注意すべき点があるので確認しておきましょう。

洗濯機で洗う方法

STEP1:必ずネットに入れる

傷みを防ぎ、万が一詰め物が出てしまっても安心です。

STEP2:水流は弱め

「手洗い」や「ドライ」などのコースが搭載されている洗濯機では、それらを選びましょう。

STEP3:洗剤は液体中性洗剤を使用する

STEP4:洗い終わったら、中の詰め物のヨレを直す

STEP5:乾燥はしっかり

湿ったままだと雑菌の繁殖を招きます。

手洗いの方法

次に、手洗いする場合です。下着などを手洗いする場合と同様に行えば大丈夫。手順をご紹介します。

STEP1

洗面台やたらいに水かぬるま湯をはります。枕が大きくて入らない場合は、浴槽を使ってください。

STEP2

液体中性洗剤と枕を入れます。

STEP3

やさしく、揉むように洗います。水を吸う体積が大きいので時間はかかりますが、根気よく丁寧に洗いましょう。

STEP4

押すように絞って、脱水します。ねじらないこと!

STEP5

干して乾燥させます。手洗いの場合はかなり時間がかかります。季節によっては丸一日かかることもありますが、清潔に使用するためにはしっかり乾燥させましょう。

枕お役立ちグッズ

ちょっと手間のかかる枕の洗濯が、ラクになる便利グッズをいくつかご紹介します。

枕専用ネット

枕を洗濯機で洗う場合、100円均一で買える大きめの洗濯ネットでも大丈夫ですが、専用のものを使うと家庭用のハンガーで干すことができてさらに便利。スーパーや量販店、ネットでも購入することができます。

枕用ハンガー

枕を洗濯したあとには、しっかり乾燥させることが重要ですが、普通の洗濯ばさみで干すのはなかなか難しいです。枕用ハンガーを使えば、日にあたる面積が増え、安定感もアップ。より清潔にまくらを干すことができます。

前述した枕専用ネットでも干すことはできますが、こちらはぬいぐるみにも使えるので、お子様のいるご家庭ではさらに重宝できそうですね。

快適な睡眠のために

快適な眠りのために重要な枕。1年中使うものなので、シーツやお布団と同じようにしっかりケアをして、睡眠時間をより充実させましょう!

(image by amanaimages1 2 3 4)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。