\ フォローしてね /

男性用「スーツ」の基本的な着こなし方とネクタイ、靴の上手な選び方

大人の男性にとってスーツは必需品。ですが、スーツは種類も豊富で、その着こなしは意外と難しいもの。

普段何気なく着ているスーツですが、「カッコよく着こなしている人と何が違うのだろう」と思ったことはありませんか?

スーツを格好良く着こなすためには、スーツの選び方ももちろん大切ですが、TPO、体型や好みに合った着こなし方、靴やネクタイなどの小物の選び方など大切な要素はたくさん。

いくつかのポイントを抑えれば自分に似合うスーツ選び、着こなし方はそれほど難しくはありません。そのポイントをアイテム別でご紹介してみたいと思います。

サイズの合ったスーツ選びのコツ

スーツを選ぶときには、まず自分のサイズに合っているかどうか入念にチェックしてください。そして生地や柄、色も着用時のイメージを決める重要なポイントです。

ジャケット編

まずは胸囲部分をチェックします。ジャケットを合わせた時のV字部分に手を入れた時に、掌が入る程度の大きさがベスト。

具体的な空き具合としては10~12センチが良いのだそう。大きすぎるとジャケットに不必要なシワが出来てしまうので注意してください。

次に肩部分を見てみます。肩の切り替えの部分に1センチほどあそびが出るくらいの大きさがベストです。こちらも小さすぎるとシワが出来てしまいます。ジャケット後ろ側の首部分にシワが出来ていたら、肩部分が小さすぎる証拠です。

袖丈は腕を下して手首を外側に折ったときに、手の甲にかかる程度、着丈はお尻にかかる程度が良い長さといわれています。

パンツ編

パンツの選び方の前に、正しい位置で穿いているかどうかをチェックしてください。正しい位置はおへそと腰骨の間です。

若い男性は普段から腰の位置で穿くことに慣れてしまっていますが、スーツの場合は腰まで下げるとだらしなくなってしまいます。更におへその部分まで上げると恰好悪くなります。

パンツを正しい位置で穿いたときに、腰骨の周辺から手の甲を入れることができるくらいの大きさがベスト。更にヒップの部分は余分なシワやたるみが出ていないかチェックしてください。

たるみが出ていたら大きすぎで、横の部分のポケットが開いた状態になるものは、小さすぎます。わたり幅も、太ももの裏側の生地をつまめなければ小さす。目安としては1.5センチくらいつまむことができればベストサイズです。

TPOに合わせたスーツの色選び

次にスーツの色の選び方についてご紹介します。スーツは色によって着用できるTPOも異なってきます。

礼装用

礼装用のスーツはブラックのものが基本です。一番改まったものはタキシードですが、ブラックのスーツでも使うことができます。柄が入ったものよりも無地のものの方がフォーマル感は増します。カフスやチーフを使って華やかにするのも良いでしょう。

ビジネス用

ビジネスでよく用いられるのはダークグレーやネイビーといった色です。ネイビーでも明るいトーンではなく、深めの色のものを選んでください。ブラックの柄が入ったものも着ることができます。ブラックの無地は礼装用に見えてしまうので、ビジネスでは避けた方が無難です。

リクルート用

リクルートには断然ネイビーがオススメです。新鮮で爽やかな印象を与えるので、どんな職種の面接でも安心です。柄入りのブラック、ダークグレーも使えます。最近は柄入りのブラックを選ばれる方が多くなっています。

ネクタイの上手な選び方

ネクタイの基本的な選び方は次の2つです。

  • シャツの色より濃い色にする
  • ネクタイの幅はラペル幅に合わせる

この2点を守っていれば間違いがないと言えるでしょう。そしてここからネクタイの色や柄を選んでいくのですが、それによってスーツ着用時のイメージはがらりと変わってしまいます。どんな色柄のものを選べば良いのでしょうか?

ネクタイの色の選び方

まずは色についてシーン別で見ていきましょう。

知的さ・真面目さを強調したいとき

ネイビー、グレー、ブラック系のネクタイがオススメです。どんなスーツにも似合いますので、無難な色と言えるでしょう。

相手に安心感を与えたいとき

ブラウン系、グリーン系のカラーは相手に安心感を与え、柔らかい雰囲気を作ることができます。ブラウンよりもグリーンの方がオシャレなイメージになります。

社交的なイメージを与えたいとき

イエロー系のネクタイは元気さや社交性、協調性を強調することができるカラーです。初対面の人と会う予定があるときにオススメです。

やる気を見せたいとき

レッド系のネクタイは勇気や情熱、決意といったイメージを強くします。ただし主張が強く、相手に警戒心を与える色でもありますので、使いどころに注意が必要です。

オシャレなイメージを与えたいとき

ピンク系、パープル系のネクタイがオススメです。ピンク系は華やかな印象、パープル系はスタイリッシュな印象になります。

ネクタイの柄の選び方

次にネクタイの柄です。こちらも色と同じくらいにスーツ姿の印象を変えるポイントです。

無地

クラシックなイメージを与え、どんなコーディネートにも合わせることができるので、使いまわしが利きます。ネイビーの無地は最も使える幅が広いネクタイです。

ストライプ柄

ネクタイの定番柄ですね。ビジネスシーンで最も使いやすい柄なのではないでしょうか。ストライプの向きは右上がりのものが英国式、左上がりのものがアメリカ式となっています。「右肩上がり」にかけて、日本では英国式が好まれるそうです。フォーマルなシーン向きではありませんのでビジネス向きです。

ドット柄

こちらも合わせるスーツを選ばない、使いやすい柄です。ドットの大きさによって雰囲気が変わりますので、カジュアルにしたいときは多きめのドット、フォーマルにしたいときは小さめのドットを選ぶのがオススメです。

チェック柄

カジュアルな雰囲気になりますので、普段のジャケットにも使うことができるという点が便利です。

ペイズリー柄

オシャレな印象になりますが、柄入りのスーツと合わせると少しうるさくなってしまいます。合わせるなら無地のスーツがオススメです。

ネクタイも同じ色でも柄によってイメージは変わります。実際に普段来ているスーツとシャツに合わせてみながら選ぶと、バランスが良くなりますよ。

レザーシューズの選び方

最後は靴についてです。「オシャレは足元から」とはよく言われますが、どんなにオシャレにスーツを着こなしていても、靴があっていなければ台無しになってしまいます。

ビジネスシーンはストレートチップやプレーントゥ

ストレートチップ、プレーントゥなどが定番です。形はトゥ部分がとがったものよりも、ナチュラルな丸みがあるタイプが使いやすいです。黒と茶色を揃えておけば安心です。

カジュアルシーンはウイングチップやローファー

気取りすぎないカジュアルな場はウイングチップ(靴先に羽のような形の模様が入ったもの)、ローファーなどが良いでしょう。モンクストラップも大人のカジュアルシーンにはオススメです。

スーツのTPOに合わせた、基本的な着こなしについてご紹介してきました。スーツもネクタイも靴も、実際には千差万別、様々なものがあります。これらの基本を抑えたら、ご自身で自分らしいコーディネートを研究してみてくださいね!

(image by amanaimages1 2)
(image by 写真AC)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。