1. 料理
    2. アレンジ自在!子どもでも美味しく食べられるラタトゥイユの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    アレンジ自在!子どもでも美味しく食べられるラタトゥイユの作り方

    なすやきのこ、ピーマンやパプリカが苦手なお子さんは大勢います。もしかしたら大人でも、少し苦手に感じている方もいらっしゃるでしょう。今回は、残った時のアレンジも自在にできる、「ラタトゥイユ」のレシピをご紹介します。

    材料 (作りやすい分量)

    • タマネギ、ニンジン、なす、パプリカ…各1個
    • にんにく…1かけ、きのこ…1パック、ベーコン…1枚
    • オリーブオイル…大さじ2、赤ワイン…大さじ3
    • アンチョビ…2切れ、トマトの水煮缶…200g、めんつゆ…小さじ1~2
    • 塩コショウ、バター…少々
    野菜の組み合わせは一例です。大根やかぶ、白ネギ、ジャガイモなどを入れても美味しくできますので、冷蔵庫にある野菜を使ってください。

    作り方

    STEP1:材料を切る

    タマネギ、ニンジン、なす、パプリカ、ベーコンは1cm角に切り、にんにくは小口切り、きのこは1口大の大きさに切り分けます。

    STEP2:炒めてから煮込む

    厚手の鍋か深めのフライパンに、オリーブオイル、にんにく、アンチョビ、野菜とベーコンも入れて火にかけ、中火でじっくり炒めていきます。全体に火が通ったら赤ワインを加え、アルコールが蒸発したらトマトの水煮缶を入れます。

    木べらで全体が均一になるように混ぜたら、水100ccとめんつゆを加え、沸騰したらふたをして野菜に火が通るまで弱火で煮込みます。(10~15分くらい)味見をして、塩コショウとバターで味を調えればできあがりです。

    アンチョビとめんつゆの味は表には出ませんが、短い煮込み時間でもうまみとコクをプラスしてくれるので、野菜のクセが消え、お子さんにも食べやすくなります。

    アレンジレシピ

    ラタトゥイユが残ったら、コンソメスープで溶きのばすとミネストローネになります。また、ケチャップを適量加えてフライパンで温めなおし、パスタに絡めれば美味しいトマトパスタのできあがりです。

    おわりに

    大人も子どもも喜ぶ、身体とお財布に優しい野菜料理です。家にある野菜を何でも使って、ぜひ作ってみてください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人