\ フォローしてね /

費用も理想通りに!1000万円台で注文住宅の家を建てる方法

理想の家づくりができる注文住宅。家を建てたい方なら誰もが憧れますよね。家の間取りやキッチンを自由に決めたり、自分専用の趣味部屋を作ってみたり。考えただけでワクワクしてしまいます。

しかし、注文住宅と聞くと大半の人が『予算が高いのではないか?』と不安になってしまいます。でも実は、おしゃれな注文住宅でも1000万円台の予算で建てることが出来るのです。

この記事では、1000万円台の予算内で家を建てるための方法をお話します。

注文住宅のメリットを活かした家づくり

こだわりにメリハリをつける

憧れの注文住宅ですが、費用を抑えるためにはコツがあります。それは、こだわるポイントにメリハリをつけること。

例えば「水回りにこだわりたい!」といった希望があったとします。水回りと一口に言っても

  • お風呂
  • 洗面
  • 台所
  • トイレ

など、種類はたくさんありますよね。しかしその全部をこだわっていては、もちろん予算が高くなってしまいます。

優先順位を考える

何と言っても注文住宅のメリットは、『自由設計』ができることです。例えば、お風呂は1番こだわって、トイレは標準よりもグレードを下げる。そんなことだって可能なのです。

これは、すでにグレードがすべて決まっている建売住宅にはできない、注文住宅ならではのメリットです。ですので、まずは自分たちのこだわりに優先順位をつけてみましょう。

注文住宅は土地の探し方で値段が変わる?

次に安くするポイントは、地盤の良い土地を購入することです。『地盤の良い土地』と聞くと、一般の方には少し理解しにくいかもしれません。

しかし、地盤の良し悪しで『数百万円費用が変わる』ことだってあるんです。それはなぜかというと、強度の弱い地盤だと基礎を安定させるために『特殊工法』が必要になるからです。

ちなみに特殊工法費用の一例を挙げますと、地盤改良の場合、1平方メートル当たり1.0~1.5万程度です。20坪の注文住宅を建てようと思ったら、70~100万程度の費用がかかります。また、地盤改良も改良深さが大きくなればなるほど費用も高くなります。5m近くまで改良するなら、1平方メートル当たり、1.5~2.0万の費用が発生するでしょう。

次に『杭工法』ですが、地盤改良よりも高価で、費用は1平方メートル当たり2.0~3.0万程度です。つまり、20坪の住宅で130~200万程度の費用がかかります。

一方、強度の高い地盤であれば特殊工法を使うことはないので、その分基礎工事の費用を安く抑えることが可能です。

家の坪単価を安くする

3つ目の費用を抑えるポイントは、『壁や屋根のグレードを下げる』ことです。建築物の費用というのは、基本的に坪単価で算出されます。つまり、建物の規模によって費用は異なるため、1坪あたりの単価を各メーカーが決めています。

ですので、建物の中で最も面積が広い部分である『外壁面』や『屋根面』のグレードを落とすことで、グッと費用は落ちるでしょう。逆に「外観にこだわりたい!」という方は、内装グレードを下げることをオススメします。

これも同じ理由で、内壁も坪単価によって算出されます。グレードを下げることで、大幅にコストを抑えることができるのです。

注文住宅を安くする簡単なコツとは?

最後の重要ポイントとして、各予算はハウスメーカーや工務店に必ず相見積もりを依頼しましょう。

相見積もりとは、複数社に見積依頼をすることです。1社のみに見積依頼をすると、競争原理が働かず、高い見積になります。

その点、複数社に見積依頼をすることで各社が企業努力を行い、普通よりも安い見積になる場合もあるのでオススメです。

コストを抑えて家を建てよう!

以上、『1000万円台で注文住宅を建てる』ための情報を紹介しました。コストを抑えるコツを知って、納得のいく家を建ててくださいね。

(image by 写真AC 1 2 3 4 5 6)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。