\ フォローしてね /

3,060円で三浦半島を堪能!「みさきまぐろきっぷ」で日帰り旅行をお得に楽しむ方法

休日を利用してゆっくり旅行をしたいけど、時間とお金を考えるとなかなか遠出は厳しい、と旅行から遠のいている人も多いのではないでしょうか? 

そんな時は、東京都心からも電車で2時間ほどで行ける神奈川県・三浦半島がオススメ!京急電鉄が発行している「みさきまぐろきっぷ」を使えば、マグロや金目鯛、アジなど旬の海の幸のグルメをはじめ、マリンパークや露天風呂など、様々なレジャーが日帰りで楽しめます!

セットで3,060円!電車、お食事、選べるレジャー施設or日帰り温泉利用券付き

旅行となると、電車の切符やお店の下調べなど、意外と準備しておかないといけないことが多くて面倒くさいですよね。

しかし、「みさきまぐろきっぷ」なら

  • 京急線の各駅から三崎口駅までの往復切符
  • 登録店舗の中から選べるまぐろ食事券
  • 指定区間の京急バスフリー乗車券
  • 温泉や水族館などの選べるレジャー施設利用券

など、以上すべてセットで付いていて3,060円。厳選されたスポットが地図で見られるので、とっても便利です。

京急線各駅の窓口で当日でも購入が可能。一番利用者の多い品川駅からでもこの値段で三浦半島を1日満喫することができるんです。

好きなお店を選んでまぐろ料理を堪能!

この切符のメインはなんと言っても「まぐろ料理」。みさきまぐろきっぷの登録店舗の中から、お好きな店舗を一つ選び、限定のまぐろ料理や海鮮料理を楽しむことができます。登録店は30店舗もあるので、行きの電車はお店選びであっという間に時間が過ぎてしまうほど。

「紀の代」のとろとろ丼

本日選んだお店のひとつ目が、創業150年の老舗「紀の代」。マグロヅケとネギトロ、ユッケ、ビントロの4種類のマグロが乗った「とろとろ丼」が名物です。歯ごたえも、味も風味も1つの丼でたっぷり味わえてしまいます。

とろとろ丼には小鉢とつみれ汁がつきます。小鉢は日によって変わるので何が出てくるかはお楽しみに。

みさきまぐろきっぷで食べられる範囲外にはなってしまいますが、単品の追加注文ももちろん可能。
こちらはタコのお刺身と、さんまのお刺身です。タコ刺しは鮮度がよくプリプリ、さんま刺しはその日に水揚げされたばかりの脂がのったさんまなため、くさみは一切ありません。鮮度がよい旬のものが食べられるのも三浦半島ならでは。

「城ヶ島 しぶき亭」のハーフ丼とマグロのたたき

地元の人にも愛されている「城ヶ島 しぶき亭」では、マグロとイカが半分ずつ乗った「ハーフ丼」と、「マグロのたたき」をオーダーしてみました。「ハーフ丼」は、マグロのプリッとした肉厚とイカのさっぱりした味わいのバランスが絶妙!「マグロのたたき」は口の中で脂がとろけて、思わずうっとりする美味しさでした。

こちらのお店ではお土産もたくさん売っているので、家族や友達などのお土産をまとめて購入するのにぴったりです。

「くろば亭」でマグロの解体ショーが見られるかも?

くろば亭もみさきまぐろきっぷの食事券が使える人気店。タイミングがよければ店頭でマグロの解体ショーを見ることができます。

移動手段はバスで。フリー乗車券なら回り放題でお得

三崎口駅に着いてからは、京急バスの1日フリー乗車券で三浦半島を回ることができます。切符を購入するとパンフレットをもらえるので、行きたいお店、場所に目星をつけておき、バスで向かいましょう。

ちなみに、三浦半島を回るバスは本数が少ないので、行きたい場所のルートを最初に決めていくのがベスト。バス停に着いたらあらかじめ次に移動するバスの時刻も調べておくと安心です。

食べるだけじゃない!選べるレジャーで気分もリフレッシュ

レジャーでは、京急油壺マリンパークが友達同士でも家族連れでも楽しめます。他にも、三崎港城ヶ島周辺を回れるレンタルサイクル、水中観光船、日帰り温泉、ガラス工芸の体験などなど見所は盛りだくさん。

レジャー施設を選ばない場合は、三崎でしか買えないご当地グルメを堪能できるお土産券を選ぶこともできます。

その他にも、城ヶ島公園近くにある、三浦海岸・三崎の景勝地としても人気の「馬の背洞門」は、時間があれば是非一度見てほしい場所です。

週末は、食べるだけでなく、三浦半島、三崎を堪能できる「みさきまぐろきっぷ」で、都会の喧騒からふっとタイムトリップして心を癒してみてはいかがでしょう?

みさきまぐろきっぷをもっと詳しく知りたい方にはこちらの記事もおすすめ!
3060円のドリームチケット「みさきまぐろきっぷ」徹底攻略!絶品料理&レジャー、よりお得な楽しみ方は?

参考:みさきまぐろきっぷ

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。