\ フォローしてね /

5アイテムでパリコレ顔!NARSモデルのメイクを再現してみたら悟り開いた

お疲れさまです!nanapi美容部のいおりです。

誰しもブランドコスメのモデルさんには憧れるもの。フルラインでコスメを使えば、そっくりになれるのかしら?

そんな女性の憧れに異彩を放つNARSのコレクションモデルさん…。どうせ真似するなら、これくらいインパクトあるメイクに挑戦したい!

というわけで、世の女性の夢を叶えるべく、実際に「SARAH MOON FOR NARS HOLIDAY COLLECTION 2016」のコスメを使ってみたらそれっぽくなりました。今回はその方法をnanapi美容部のいおりが伝授します。

本記事は、2016年11月にnanapi編集部が執筆したものです。

ファッションフォトグラファー サラ・ムーン?!こちらにはシオ・ムーンとイオ・ムーンがいるのよ!

NARSのコレクション 5点とマットなファンデを用意

  • NARS デュオアイシャドー(品番:3905)
  • NARS コーライナー(イリデッセントチャコール/品番:8226)
  • NARS アイラッシュ(品番:2419)
  • NARS ブラッシュ(ラベンダーピンク/品番:4064)
  • NARS ムーンマットリップスティック(ヌードローズ/品番:9402)
  • 手持ちのマットなファンデ(普通のファンデにお粉をたっぷりでも可)

今回使ったのはこちら。実際に使っている色かどうかはわからなかったので、見た目で判断。

ファッショナブルな服を用意

モデルさんの写真を撮ったフォトグラファー サラ・ムーンをリスペクトし、シオ・ムーンこと男性美容部員がこの日のために手塩にかけてつくりました。

ビニールひもとヘアクリップをビニールテープでコーティングした一品。100均に立ち寄れば作ることができますね!

ビニールテープからビニールひもの切れ端を余らせてくれていることで、巻きつけた後に効率よく結ぶことができます。細かなやさしさがシオ・ムーンのいいところ。

イオ・ムーンもがんばってメイクするよ!

イオ・ムーンはブルーベースのマット肌です。参考になれば幸いです。

チークを薄めに入れる

ファンデでベースをマットに仕上げたら、まずはチーク。写真だとそんなに濃くなかったので薄っすら入れました。普通に可愛いお色。

アイシャドウベースをアイホールに

こちらの写真の向かって右側のアイシャドウベース(シマリングラベンダーグレー)をアイホールに塗ります。

実際に塗ってみると、ラベンダーの色が強いのがわかります。思ったより暗くならないのでモダンな印象で意外にキレイでした。

写真は反転しているので、実物は左の色となります。

目のくぼみ全体に重ねて…

目のくぼみまで同じベースを重ねて広げたら、今度はチャコールをアイホールに重ねます。目の下までぼかすと、過ぎ去ったはずのハロウィンを思い出しましたが、気にしません。

続いて、アイライナーで目元を引き締めます。ソフトな書き心地でヨレずにぴったりかけました。

なんだか楽しくなってきました。(nanapi美容部/イオ・ムーン)

口紅とツケマで仕上げましょう

ここまで来たらもうあとはカンタンです。

マットリップを塗って、つけまつげをON!

ほら、できた。

シオ・ムーンが作ってくれた服を装着すればできあがりです。

肌寒い季節だと言うのに、ビニールたちが皮膚呼吸を妨げるので非常に暑い中の撮影となりました。涼しい表情とは裏腹の灼熱のファッションショーです。

誰にでも優しくなれるような気がするのです。

しばらくこのままでいると、なんだか悟りを開いたような気持ちになりました。このまま草原にでもいたら、鳥とか肩に乗ってくれるんじゃないかと思います。

モデル画像は化粧品と芸術家のコラボレーション。

仕上がった写真と元の画像と比べると、大分色合いが違うことが分かりました。

実際はどのアイテムも発色がよく、意外に使いやすい色でした。極めて幻想的なビジュアルは限定コレクションだけでなく、ファッションフォトグラファー サラ・ムーンの最先端の技術が加わることでできあがっていたんですね。

とはいえ、努力次第でモデルさんの画像に近づけることができました。みなさんもぜひ、トライしてみてくださいね!

今回あまり主張しなかったコレクションアイテムをピックアップ!

  • NARS ネールポリッシュ R(ディープバーガンディ/品番:3688)

非常に塗りやすい平筆のマニキュア。みずみずしくてグロッシーなので、深い赤も艶っぽく仕上がりますよ。一度塗りと二度塗りの色の変化も楽しめます。

  • NARS アイラッシュ(品番:2419)

メイクが濃かったのであまり目立たなかったつけまつげ。単体で使うとセパレートがとってもキレイなのがわかります。

(image by nanapi美容部)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。