\ フォローしてね /

10年連続ミシュラン三つ星!「すきやばし次郎」で最高級寿司をたらふく食った結果

日本のグルメ界に燦然と輝く「すきやばし次郎」。ミシュランガイド東京が、三つ星の評価を10年連続でつけたお寿司の名店です。

予約を取ろうとしても数か月待ちは当たり前というほど。メニューは「おまかせ」のみのため、いつも同じネタが食べられるわけではありません。

そんな格式高い、すきやばし次郎の寿司を食べてまいりました!

たらふく食べてきた

お店に入りカウンターに座ると、まずは小鉢が出されました。

小鉢の煮物を食べていると、寿司が登場!これが、すきやばし次郎の寿司…パクリ。

んーまい!旨い!何かいいコメントを言おうと思ったが、あまりの美味しさによって吹き飛んでしまいました。

ネタの良さもさることながら、シャリが非常に特徴的。もちもちとした食感が強く、口の中に入れると最初は崩れず、噛めば噛むほどジュワッとにじみ出てきます。

そのあと、一気にシャリが崩壊してパラパラと旨み広がるのです!最高だっ!たまらんっ!悪魔的なウマさです!

お吸い物ものも本当に美味しい。シャリによく合い、口の中をさっぱりとさせてくれます。

お寿司に煮物、お吸い物、お茶、ガリ、すべてがお互いの旨味を増幅させ、けっしてぶつかり合ったり、雑味が一切ない!これが日本最高クラスの味か。

回転寿司でも十分と思ってたけど、すきやばし次郎に出会ったら考えが変わりました。寿司は味を追求すればするほどウマくなる!

寿司を旨い旨いと言いながら食べていると、ふと思う。寿司でありながら、寿司以上の存在と化しているとは、どういうことなのだろう。

この美味しさ、尋常ではない!

玉子の荒い気泡。だがそれがいい!それが旨い!荒さが職人の技。

玉子は子ども向けの寿司?いやいや、むしろ大人のための寿司!玉子の絶妙な甘さが、酢飯の酸味に引き立てられて最高!

アナゴがきました。

最後は、海苔巻き2本。ごちそうさまでした!

歓喜、絶賛、最高、最強の素晴らしい寿司体験をありがとう。大将も女将さんも気さくでとても優しい方たちでした。

気になるお値段は?

すきやばし次郎は最低3万円と言われていますが、果たしていくらになるのか?財布には、小銭あわせて3600円しかありません…。

ちなみ、今回は寿司10貫と海苔巻き2本、お吸い物、煮物、ガリ、お茶を食べました。

なんと1400円でした!

あの、旨い寿司が1400円!あの、日本最高クラスの寿司が1400円!あの、すきやばし次郎の寿司が1400円!

なんという低価格。街中にある寿司屋よりはるかに安い!

それもそのはずで、すきやばし次郎(豊洲店)の25食限定のサービスランチに行ってきたからなんです。

すきやばし次郎は銀座店の他に、豊洲店、六本木店、日本橋店と姉妹店があり、今回は豊洲店に行ってきました。

サービスランチは予約を行っていないので、飛び込みで行くしかありません。行列はできていませんでしたが、狙い目は開店時間の11時30分です。

店舗情報

  • 店名:すきやばし次郎 豊洲店
  • 住所:東京都江東区豊洲4-10-1 102
  • 営業時間:月・火・木・金・日(11:30~13:30/16:30~20:30 )土(11:30~13:30)
  • 定休日:水曜日
  • 電話番号:03-3534-8400

一番旨かったのはマグロ!

とても美味しいお昼でした。1.5人前なので、お腹もいっぱい!どれも甲乙つけがたいほど美味しい寿司でしたが、一番はどれかと聞かれたらマグロです。

お昼に豊洲に寄ることがあったらぜひ、行ってみましょう。最高のランチが味わえますよ!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。