\ フォローしてね /

紅白歌合戦をスマートフォンが「もっと」面白くする!その理由とその方法

年明けに学校で久しぶりにあった友達と話す話題ベスト3と言えば、第3位「お年玉でいくらもらった?」 第2位「おせち料理に唐揚げはアリかナシか」、そして堂々の第1位が「紅白はどっちが勝ったっけ?」ですよね。そんな国民的行事の紅白歌合戦、単にテレビにしがみつくだけじゃなく、スマートフォンと連動させることで5000兆倍楽しめることをご存じでしたか?アプリがテレビを面白くする!その体験をNHK紅白歌合戦でまずは体験してみよう!
nanapi
  • こんなヒトに!

    今年もゴールデンボンバーがまたもや女々しくてを歌ってくれると信じてたのにさすがにヒット曲も無いから出場できなくて紅白への興味を失ってたあなたへ!

  • こんなトキに!

    スマホを触りながらテレビを観るとおかんから「ながらスマホはやめなっせ!」と叱られてたのも昭和の話。今はスマホとテレビのダブル使いで紅白の面白さは倍プッシュでドン!

  • こんなコトも!

    観るだけじゃなくて聞くだけでもない。実況を使えばまるで紅白歌合戦に参加してるかのような体験も。憧れのステージをスマホを使って独占しよう!

スマートフォン、使ってます?愛用してますよね。自撮りとイイネ!だけがスマートフォンじゃないのです。実は、年末の風物詩「NHK紅白歌合戦」さえもスマホが徹底的に面白くしてくれるって、気付いてました?

街からワム!の歌も聞こえなくなりクリスマスイルミネーションがニューイヤーイルミネーションにその名前を変える頃、それは「NHK紅白歌合戦」がいよいよ近づいてきた証でもあります。

今年で68回目を迎える「NHK紅白歌合戦」、年越し蕎麦を食べながら見てるお父さん、おせち料理のラストスパートを掛けながらラジオで聞いてるお母さん、スプラトゥーン2に夢中の弟氏、そしてSNSで自己承認欲求を満たしてる姉者。こんなごくごく普通のスタイルは来たる2018年にはレトロ過ぎます。年も変わることですから、古い慣習は2017年にすべて置いて行きましょう。

スマートフォンで紅白の予習を始めよう

NHK紅白歌合戦を心の底から楽しむには予習が大事。年に一度しか行われない国民的行事、それを迎えるにあたって準備に準備を重ねても準備のし過ぎなんて事はありません。情報を重ねて、知識を乗せて、来たるべき大晦日に備えましょう。

「うたパス」で歌の完コピが出来るかも

auの「うたパス」を使って、紅白でどんな曲が聴けるのか予習するのもあり。CDやiTunesの曲があれば、その歌に合わせて歌詞を楽しむことが出来るから、紅白見ながら大声でシャウトも可能なのです!しかも今ならうたパスで「日本が泣いた!紅白歴代の名演歌!」を大特集中。J-POPもいいけど演歌もね!

「らじるらじる」でラジオはまだまだ元気です

もう一つのNHK紅白歌合戦である「年忘れ!夢の紅白歌合戦」をご存じでしたか?今年は12月30日19:20〜21:55まで行われるこの番組、今回で68回目を迎える紅白歌合戦の歴史を振り返りつつ、時代・世代を超えた夢の対決をラジオでオンエアするという企画です。

でも、ここ最近はラジオを持っている人も少ないですよね。そこでNHKラジオの公式アプリ「らじるらじる」でさくっと聴いちゃいましょう。歴史の重みは興味の厚み。大晦日の紅白が一層面白くなるはずですよ!

その曲との出会いを公式アプリ「NHK紅白」が強力サポート

絶対に見逃したくないあのアーティストの出演タイミングをプッシュ通知でお知らせしてくれる夢の機能が搭載されている、それがNHK紅白歌合戦公式アプリ「NHK紅白」です。これで安心して笑ってはいけないアレを見ることが出来ますし、年越し蕎麦用の蕎麦打ちにも集中出来るというものです!まだザッピングで消耗してるの?

いよいよ本番。とことん紅白を楽しんで共有まで欲張ろう

テレビの前に全員集合して、コタツの上にミカンを並べて、もう準備は万端。いよいよNHK紅白歌合戦が始まります。さあスマホを手に取って!アプリはもうダウンロードしてありますか!?

「みるもん」と「Twitter」。今や実況はネットの華

大好きな歌手を応援したいその気持ち、大好きな曲に熱くなったその心をハッシュタグととともにスマホの「みるもん」や「Twitter」で実況すれば、その回線の向こう側にいる同じ気持ちのみんなと一つになれちゃいます。公式ハッシュタグは「#NHK紅白」。このハッシュタグに加えて応援する歌手のハッシュタグや気持ちのハッシュタグを付けて投稿しましょう!NHKホールのキャパは限られてるけど、インターネットの客席は無限大なのです。

「LINE」で憧れのあの人と繋がれるカモ!

みんな必ず使ってる「LINE」でもNHK紅白歌合戦は楽しめます。ON-AIR機能がオンになると、意見・質問・メッセージが番組や歌手の方に届くという贅沢仕様だから、チャンスを逃さず熱い思いをLINEを使ってぶつけちゃおう!

公式アプリならではの充実感。「NHK紅白」で 聴く見る知る!

NHK紅白歌合戦の隠れた魅力の一つに、オンエア中の副音声で流される名物企画「バナナマンの紅白ウラトークチャンネル」があります。でもこれを聴こうとテレビの設定を変更すると肝心の曲のボリュームが小さくなって毎年困ってたんですよね。

そこでまたもやNHK紅白歌合戦公式アプリ「NHK紅白」。このアプリでは毎年そのウラトークを番組と同時配信してくれている(今年は原稿執筆段階では未発表ですが期待度120%です!)ので、TVで歌を視聴しつつスマホでウラトークを聴取するという我が家紅白ステレオ作戦が可能!紅白の面白さを1mmだって逃したくないならマストのアプリです。

NHK紅白では渡辺直美がMCを務める「紅白楽屋トーク」というネット配信限定番組も準備されているので、これは…これはもうもしかしたらスマホ2台持ちが必要になるかも!

2017年を締めくくる自分だけの最強リミックスを作ろう

安心の「iTunes」。ほぼ全ての音楽はここに集まる!

紅白の放送は終わっても僕らの紅白はまだまだ続きます。知らなかった曲、心に残った名曲、改めて涙した思い出の曲。色々な曲がNHK紅白歌合戦で聴けたハズです。そんな曲をスマホにダウンロードしていつでも聴けるように「iTunes」を活用しましょう。

気になった曲は買う!好きな歌手は買って応援!素敵な歌の数々で、2017年を締めくくる最強リミックスを作ってスマートフォンで持ち歩こう!

歌は世につれ世は歌につれ

お互いがお互いを補完してポテンシャルは何倍にも跳ね上がります。スタンドアロンで娯楽が完結する時代はとうの昔の終わっちゃってました。紅白とスマートフォン、もうこれから欠かせない関係かも。

その世界の移り変わりを見る窓がテレビで、その世界の変化を映す鏡がスマートフォン。共に一生モノの相棒であり、新しい世界を映し出してくれる人生のセカンドスクリーンなのです。

2017年はありがとうございました!

2018年はもっとよろしくお願いします!

Twitterで紹介!

(image by PIXTA)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。