\ フォローしてね /

サラダからマリネまで…冷蔵庫に置いておきたい甘酢の作り方

このライフレシピのもくじたたむ

料理をする時間がなくても、作る気力が残っていなくても、冷蔵庫に甘酢があると、あっという間におかずが1品作れちゃいます。

シンプルライフ研究家であり、ワーキングマザーでもあるマキさんが教えてくれたオリジナル甘酢は、サラダから炒め物まで、いろんな料理で使えます。

しかも、材料はたったの2つ!冷蔵庫に常備しておきたい甘酢の作り方をご紹介します。

本記事は、2017年1月の取材情報をもとに執筆されたものです。

材料

  • 千鳥酢:450g
  • てんさい糖(砂糖):150g
マキさんは千鳥酢という米と酒かす、アルコールの3つの材料のみで作られた一般的なものより酸味がマイルドな酢を愛用中。通常の酢を使う場合は酸味が強いため、てんさい糖を200gに変更してください。

道具

  • ボトル(500ml)

マキさん使用アイテムはこちら。

甘酢の作り方

STEP1:材料をボトルの中でシェイク

分量のてんさい糖と千鳥酢をボトルに入れて、よく振って混ぜ合わせます。

STEP2:溶けたら完成!

砂糖が溶けたら、あっという間に甘酢の完成です!

実際に甘酢を作ってみると、砂糖がこんなにも入っているんだなと驚くことでしょう。

マキさん「市販されている甘酢には普通の白砂糖が使われていますが、私はてんさい糖を使ってます。そのほうが味も良く、市販品を買うよりお値段的にもお得なんですよ」

おススメの食べ方

  • ボリュームサラダ

蒸し鶏や缶詰のオイルサーディンを甘酢と一緒に漬けると一週間くらいは日持ちします。それをサラダの上にのせて食べるとおすすめです。

マキさん「すでに味がついているのでドレッシングをかける必要がなく、マリネがのってるほうが食べやすいですよ!」
  • アジの南蛮漬け

容器にたまねぎとパプリカを敷き、その上に揚げた小アジを並べます。そこに甘酢と食べやすいようにハチミツをかければあっという間に完成。

炒め物や酢の物にも◎

実は、酢豚や酢の物など、酢を使うレシピの場合、同時に砂糖を使うことが多いので、はじめから2つを合わせた甘酢があるととても便利です。

各家庭で好みに合わせ、こちらを参考にしながら酢とのバランスや砂糖の量など調整してみてくださいね。

取材協力

マキさん(シンプルライフ研究家)

4歳と9歳の娘、夫と4人暮らし。東京都在住。広告代理店勤務のワーキングマザー。不要なものは持たないシンプルな暮らしを綴ったブログ「エコナセイカツ」主宰。「しない家事」(すばる舎)や「 「ゆるく暮らす 毎日がラクで気持ちいい、シンプルライフ」(マイナビ出版)など著書多数。全国のNHK文化センターでの講演活動や、アパレルブランドの商品コラボなどで幅広く活躍中。

(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。