1. コミュニケーション
    2. インスタで話題!「素敵便」でチョコと一緒に気持ちをシェアしよう!

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    インスタで話題!「素敵便」でチョコと一緒に気持ちをシェアしよう!

    素敵便はinstagramで話題沸騰中の、モノと一緒に心も贈るギフトの事。自分が好きなもの、相手が好きそうなもの、相手に届けたい気持ち、お互いの笑顔、全部を可愛く楽しく自己流で詰め込んで贈るだけ。幸せをシェアするそんなステキ便でバレンタインのチョコを渡すって、アリだと思いませんか?

    素敵便、昨今instagramでも #素敵便 のハッシュタグで話題になってるそれは、相手が喜んでくれそうなささやかな雑貨やお菓子、相手にぜひ届けたいお気に入りのマステやその時の気持ちを自分のセンスでラッピングして贈りあう、そんな文字通り「素敵な」カルチャーなんです。

    もちろん相手を思う気持ちと他の人が真似できない自己流のセンスがあれば詰めるモノは何でもOK。今年がバレンタイン素敵便が始まる記念すべき年になるかも…!

    バレンタインだって素敵便!

    素敵便では、マーカーやマステでオシャレにデコレーションしたギフトバッグにお気に入りをあれこれ詰めるスタイルをよく見かけます。でもでも、詰められるものって他にもありますよね?

    今回はそんな変化球とスタンダード、2つのパターンでバレンタイン用の素敵便を作ってみます。

    気持ちを込めて素敵便を作ってみよう

    ジャーにチョコを詰めてみた

    Seriaでジャーを始めとして緩衝材など、近所の駄菓子屋さんで懐かしくて美味しそうなお菓子をいっぱい、そして我が家の引き出しからオシャレな糸を引っ張り出してきました。

    ジャーにお好みの緩衝材を(複数混ぜて入れるのもアリ!)入れ入れして、

    密度と色の配分を考えながら、おもむろにお菓子を詰めていきます。

    脳内ルールに縛られないように。バレンタインだからって、菓子だけじゃなくて遊び心を詰めるのも素敵便です。

    ぎゅぎゅぎゅ!っと詰め込みました。

    蓋を閉めたらストロー用の穴に鳥とミニペロペロキャンディーを刺して、巣ごもりのようにぽんぽんを配置してGボンドで固定。

    手頃なカードをフリーハンドで切り出してメッセージをレタリング。100均に行けばメッセージ入りのカードはいくらでも入手出来ます。でもここは手作り手描きが重要なところです!こもった心の見せどころ!

    レタリング完了。アナログ感が手作りを強調して「世界に1つしかない」とアピールしてますね。

    カードにパンチングして糸を通してジャーの蓋に巻き付ければ完成!蝶々結びの部分を少しルーズにしてゆったりさせたほうが可愛らしくなります。

    ギフトバッグにチョコを詰めてみた

    詰めるお菓子はほぼ同じ。今度はギフトバッグ、つまり袋詰めしてみます。100均やロフトなどに行けばオシャレな柄がプリントされた袋が色々と売っていますが、ここで使うのは文房具用品売り場などにある普通のOPP袋。これなら誰とも被ることのないオンリーワンを作れます。

    袋の中に入れるパターン紙を作ります。お好みのスタンプを作ってぺたぺた。厳密に整然と並ばせる必要はありません。アナログは暖かさ!

    パターンが組めたらマステを貼って飾り付け。あまりクドくならないように。

    出来たら袋の中に入れ、袋の上からメッセージを直接レタリング開始です。

    使っているのはアサヒペンのカラーパレット水性マーカー。発色も良くレタリングからホビークラフトまで何でも来いの優れモノです!

    自由にデコレーションも追加して袋は出来上がり。あとはお菓子を自由なセンスで詰め込んでください。

    最後に口を縛って完成!マステで綺麗に留めるやり方もありますからそれは気分次第で。

    なんだか手作り感が気持ちいい…。

    100均袋にチョコを詰めてみた

    雰囲気は全然いいんだけど、なんというか大量生産感が滲み出て少し残念なオーラが漂います。いや、これでもきっともらった人は喜んでくれるんだろうけど、なんだか渡す当人もきっと消化不良で悔しい気持ちのハズ。

    手作りチョコから手包みチョコへ

    ほんのちょっとした心遣いを形にする、そんな素敵便です。別に不器用でも、レタリングが出来なくてもそんなの問題じゃありません。そうしたって行為が大事だし、それは間違いなく伝わります。

    新しいラッピングの形。素敵便で笑顔と心のおすそわけを始めませんか?

    Twitterで紹介!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ