\ フォローしてね /

プロが教える簡単ラッピング♪丸?三角?四角?カタチに合わせれば上手くいく!

せっかくお菓子を手づくりしたのに、ラッピングがイケてなくて何だか残念な感じに…そんなときはプロ直伝のラッピング術を学んじゃおう。丸いクッキーに四角いブラウニー、小さなスコーンなど何でも包めないものはなし。動画も見ながらだと不器用な方でもきっとキレイに仕上がりますよ。

バレンタインデーのチョコを手づくりしたという人は、「ラッピングに手こずった…」という人も多いのでは?プレゼントのラッピングの仕方は本当にたくさんありますよね。

ラッピングはモノの形に合わせてやり方を覚えておくと、どんなプレゼントにも応用できるのでとっても便利!いつでも、愛情のある素敵なプレゼントが渡せます♪

細々としたものから、丸いもの、四角いもの…形に合わせたカンタン可愛いラッピング方法をラッピングのプロに聞いてきました♪実際にラッピングしてもらった動画も合わせてご覧くださいね。

本記事は、2017年2月の取材情報をもとに執筆されたものです。

「細かなプレゼントの詰め合わせ」にはクレープラッピング

難易度:★☆☆☆☆

先のとがったクレープのような包み方は、色々な形のものを詰め込むときに最適。大きなスコーンもちょうど入りそうです。普通に包むよりもなんだかオシャレ!

マチのないビニール袋だけでもOKですが、ワックスペーパーやクッキングシートを用意して中に入れても可愛いですよ。今回は、使いやすいワックスティッシュを使用しました。

  • STEP1:ビニール袋とワックスティッシュを用意
  • STEP2:ワックスティッシュをカットして袋に入れる
  • STEP3:袋の底が三角になるように折る
  • STEP4:テープで止める

  • STEP5:ひっくり返してお菓子を入れる
  • STEP6:お菓子の上をギュッと絞る
  • STEP7:紐リボンを巻いて…
  • STEP8:リボン結びをしたら完成!

【プロ直伝】手軽に可愛くなる!クレープラッピングの方法

リボンを紐にする場合は1つにつき50cmが目安。紐リボンはコスパもよくてオススメです♪紐は2重にして真ん中を結んでおくと、切れにくく結びやすくなりますよ。

「丸いプレゼント」のラッピング

難易度:★★☆☆☆

クッキーなどの円い形のものを包む場合は、このラッピング方法がオススメ!でも、実は丸くなくても包めちゃったりする万能ラッピング方法なので、いろいろ応用してみてくださいね。

包装紙の大きさに合わせて、お菓子を重ねる量を決めるのが◎!大きめのものを使った方が、包んだときに華やかになりますよ。また、針金のついたリボンを用意しておくと楽ちんです。

  • STEP1:包装紙の真ん中にお菓子を置く
  • STEP2:上下に折りたたんでテープを貼る
  • STEP3:お菓子がずれないように押さえながら…
  • STEP4:片方の包装紙を持ち上げる

  • STEP5:同じようにもう一方も持ち上げて
  • STEP6:お菓子の上でギュッとまとめる
  • STEP7:針金のリボンを用意して…
  • STEP8:針金をネジって完成!

リボンの針金をまくときは2回程度にして厚みが出ないようにすると、可愛く仕上がりますよ。

リボンは自作できちゃうよ!

  • STEP1:リボンを手前でクロスさせて
  • STEP2:重なった部分に針金をあてる
  • STEP3:リボンの後ろ側でネジって
  • STEP4:完成!

針金つきのリボンは「リボン」と「針金」があればカンタンに自作できてしまいます。自分の好きな組み合わせで作ってみて♪

【プロ直伝】丸いプレゼント(クッキーなど)のラッピング方法

特に難しいところはありませんが、ワックスペーパーは滑りやすいので、お菓子が滑って位置がずれないように手でしっかり押さえておくといいですよ。

また、STEP2のテープは貼らなくてもできます。初めて行うときはテープを貼ったほうが、お菓子の位置が分かりやすく固定できるのでオススメです。

【番外編】「平たいプレゼント」のラッピング

難易度:★☆☆☆☆

ボンカドゥさん直伝の「平たいプレゼント」のラッピング法も教えていただきました。靴下やハンカチなどを贈りたいときにぴったりの超カンタンラッピング方法です◎

少し大きめのクッキーで枚数は少な目、というときもこのラッピングがちょうどいいですね。

まず、四角い用紙の半分の中心線により左側にお菓子を置いておきましょう。

  • STEP1:上下を折りたたんで、お菓子の位置がずれていないか確認
  • STEP2:お菓子を押さえながら半分に折り曲げる
  • STEP3:ずれないように下の余ったペーパーと長さを確認しながら折る
  • STEP4:お菓子とペーパーの境をギュッとしたらリボンをつけて完成!

【プロ直伝】平たいプレゼント(靴下やハンカチなど)のラッピング方法

最初の置く位置さえ間違えなければ、とっても簡単にラッピングができます。何にでも応用できる万能ラッピング方法なので、ぜひこの機会に覚えてみてくださいね!

「四角いプレゼント」のラッピング

難易度:★★★☆☆

まずは、四角いものを包んでみましょう!ブラウニーやガトーショコラなど、四角いかたちをしたものなら何でもOKです♪今回はブラウニーを3個使用しました。

セロハンの大きさは、ちょうどお菓子が9つ分の正方形が目安です。

  • STEP1:包み紙の真ん中にラッピングしたいものを置く
  • STEP2:上下を折りたたんでマスキングテープなどでとめる
  • STEP3:サイドの真ん中を押してくぼみを作り、上側を台形にする
  • STEP4:上下をくっつけるようにして折り曲げて、テープで止めて完成!

【プロ直伝】四角いプレゼントに!キャラメルラッピングの方法

STEP2のマスキングテープはなくてもOKですが、一旦テープで止めたほうが簡単にできます。

STEP3では、お菓子の位置がずれないように作業していない指で押さえておくのがポイント。また、上側も下側も台形にしてしまうと厚みが出てしまうので注意しましょう。

厚みを出さないように折ると可愛らしくなります♪

キャラメル折りでお菓子を包んだら、まとめて可愛いリボンラッピングをしましょう!最後にハサミでしごくだけで、クルクルと華やかなリボンに変身!

リボンの長さはお菓子を重ねたときの(高さ+横+奥)×2+50cm程度を用意しましょう。今回は約100cmのものでラッピングしました。

  • STEP1:お菓子を重ねた上からリボンを置く
  • STEP2:お菓子を持ち上げて、底までリボンを通す
  • STEP3:出発点に戻ってきたら、親指で押さえる
  • STEP4:直角に曲げて、サイドも同じように

  • STEP5:出発点に戻ってきたらまた親指で押さえて
  • STEP6:クロスしたリボンの下に通す
  • STEP7:通したリボンと、残っているリボンで結び
  • STEP8:残ったリボンの端をハサミの外側でしごいて完成!

【プロ直伝】可愛いカールリボンの飾り付け方法

リボンは平たいため、そのまま結ぶとキレイに仕上がりにくいです。

STEP4やSTEP6、STEP7でリボンを直角に曲げるときや結ぶときは、リボン同士が触れ合う部分をあらかじめネジっておくとスムーズです。

動画でも確認できるので、ぜひキレイに仕上げるテクニックとして覚えておいてくださいね♪

結ぶときにリボンをネジっておくとキレイな仕上がりになります!

カンタン可愛いラッピングで手渡しプレゼント♡

これらのラッピング方法を覚えておけば、大体のものはさっとラッピングできちゃいますよ。どれも100円ほどで手に入る材料でできるので、ぜひこの機会にマスターしてしまいましょう!

Bon Cadeaux(ボンカドゥ)

今回協力していただいたのは、恵比寿駅が最寄りのボンカドゥさん。いろんな国から集めた楽しい雑貨のプレゼントから、創業17年・専門店ならではの豊富なラッピングアイテムが揃うギフトショップです。

プレゼント持ち込みのラッピングもOK。希望のラッピングがあったら、画像を用意しておくとイメージが伝わりやすいですよ♪

(image by nanapi美容部)

本記事の動画はnanapi編集部スタッフが撮影・公開した動画です。
このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。