\ フォローしてね /

他人の郵便物が家に届いたときの対処法

編集部からのポイント

  • 捨てちゃダメ!

    他人の郵便物は勝手に捨てたり開封すると違法!

  • シンプル手順

    付せんを貼ってポストに投函するか郵便局に直接持っていくだけ

  • 付せん紙のワケ

    郵便物保護の観点から、跡が残ってしまうテープや糊は貼れない

  • 引越しした直後に、ポストに自分宛ではない郵便物が届いた経験はありませんか?

    「前の住人の郵便物かな…」なんて呟いてゴミ箱にサッと捨てたり、「内容なんだろう?おもしろそう…」と開封して中身を確認したりしていませんか?

    それ、実はダメなんです。

    捨てるのも開けるのも法律違反

    勝手に捨てた場合は、郵便法42条「誤配達郵便物の処理」に違反。勝手に開封した場合は刑法133条の信書開封罪で、1年以下の懲役または20万円以下の罰金に処される可能性があります。

    ここでは、見覚えのない郵便物が家に届いたときの対処法をご紹介します。

    日本郵便公式のハウツー1
    この記事の内容は、日本郵便株式会社の広報室・報道担当の方に実際に問い合わせて教えてもらった方法です。

    付せん紙を貼って街のポストにイン

    もし、自分宛ではない郵便物が届いたときは、付せん紙(ポストイットなど剥がしやすい付せん製品)に下記のように書いて郵便物の表面に貼り、近くのポストに入れてください2

    誤配達
    この人はここに住んでいません

    たったこれだけで完了!このやり方は、郵便局のWebサイトにも明記されています。

    しっかりと理由を書く

    ただ「誤配達」とだけ書くと、間違った住所に配達してしまったのかな?と誤解を招いて、また自分の家に届けられるかもしれません。

    そうしたことを防ぐためにも「誤配達」だけでなく、「この人はここに住んでいません」と理由も一緒に書き添えておきましょう。

    セロハンテープなどで補強しない3

    セロハンテープやノリなどで補強する必要はありません。何もせず、ただ付せん紙を貼ればOK。

    郵便物(封被)保護などの観点から、あとでキレイに剥がせる状態にしておきましょう。

    郵便局に持っていってもOK

    近くに郵便局があるという方は、直接持っていって「前に住んでいた人のものが届いてます」と伝えて渡しましょう。

    付せんが剥がれてしまいそうで心配…という方も、直接持っていけば確実ですよ。

    よく見ると郵便物じゃないパターンに注意

    郵便物ではないものはポストに入れない

    ポストに投函する前に、その配送物が郵便物であることを確認してください。

    配送物に「これは郵便物ではありません」「〇〇メール便」などの記載があれば、クロネコDM便や飛脚メール便など、郵便局以外のサービスで届いたもの。それぞれの会社に連絡する必要があります。

    郵便局以外の連絡先はこちら
    ・飛脚メール便の場合:フリーダイヤル(0120-51-3333)に連絡。
    飛脚メール便を受け取られたお客さまへ【SAGAWA】
     
    ・クロネコDM便の場合:フリーダイヤル(0120-01-9625)か最寄りのサービスセンターに連絡。
    サービスセンター一覧【ヤマト運輸】
     
    ・カンガルーPostalメール便の場合:最寄りの営業所に連絡。
    営業所を探す【西濃運輸】
     
    ・フクツーメール便の場合:最寄りの営業所に連絡。
    営業所検索【福山通運】

    ゆうメールは郵便物と同じ、付せん紙を貼ってポストに入れるやり方で大丈夫です。

    誤配達に悩まされない新生活を

    これでもう、たくさんの誤配達に悩まされることも、うっかり犯罪を犯してしまうリスクもなくなりました。

    新居で素敵な新生活をお楽しみください!

    (image by 筆者)

    追記した箇所一覧

    • 12018年04月18日「問い合わせ先の詳細」について追記しました。
    • 22018年04月18日「書き方」について追記しました。
    • 32018年04月18日「付せん紙の貼り方」について追記しました。
    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!

    Banner line

    編集部にリクエスト!

    「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。