\ フォローしてね /

濃厚バターで極上の味わい…純喫茶風「小倉あんプレス」の作り方

サクッと焼かれたトーストから染み出る芳醇なバターが絶品の「小倉あんプレス」のレシピです。プレスと言っても、フライパンと重しを使ったお手軽プレスなので、どなたでも作ることができます。ホットサンドを焼く専用道具や機械は必要ありません。材料は食パンとつぶあんとバターの3つのみ。とってもシンプルだけどなぜかホッとする味わいは、いつか喫茶店で食べたあの味。ほろ苦いコーヒーとの相性は抜群ですよ。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • 特別な道具不要

    フライパンと重しだけ!プレス機も不要。誰でも作れます

  • 材料は3つだけ

    食パンとつぶあんとバターでバッチリ喫茶店の味

  • カスタマイズ自在

    シナモン・きなこ・ポイップクリームを加えて自分好みに味に

このライフレシピのもくじたたむ

材料(1人分)

  • 食パン(8枚切り)…2枚
  • つぶあん…170g
  • バター…2かけ(16g)
食パンは厚切りのものではなく、8枚切りのものを選ぶと上手にプレスすることが出来ますよ。

作り方

1パンにあんこをのせて重ねる

パンにつぶあんをのせ、もう1枚のパンをかぶせます。

あんこはたっぷりとのせると食べ応えも抜群!

2パンをフライパンで焼く

中火で熱したフライパンにバター1かけを溶かし、パンを重ねたまま入れます。

パンの上にアルミホイルをかぶせ、“おもし”として水を入れたヤカンをのせて焼き色がつくまで弱火で3~4分、両面を焼きます。

重みのあるものならヤカン以外でも代用可能。均等に焼き色がつくように真ん中にのせましょう。

3バターをのせて完成!

パンをフライパンから皿に移し、バター1かけをのせたら完成。

プレスする専用の機械がなくても、フライパンとヤカンがあればいつでも簡単にサクッと香ばしいホットサンドを作れますよ。

ポイント

濃厚なバターを溶かしながら食べる小倉あんプレスは極上の味わいです!ほろ苦いコーヒーとあわせて召し上がれ。

名古屋のモーニングには欠かせないと言われる小倉トーストは、お店によって様々なアレンジがされているのだとか。

シナモンやきな粉、スライスチーズやホイップクリームなど、お好みのアレンジで楽しんでみてはいかがでしょう。

レシピ制作者

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)
1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

レシピ開発、商品開発、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々なお仕事をしています。

時短、ズボラ、ねと飯系が得意。料理ができない人でも作ってみたくなるレシピを提案します。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」など。

Blog:http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。