1. 趣味
    2. 【東京⇄新大阪編】発見!新幹線の格安チケット。お得な切符の見つけ方と選び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    【東京⇄新大阪編】発見!新幹線の格安チケット。お得な切符の見つけ方と選び方

    世代を超えて大人気の新幹線。その早さと快適さからもその乗車料金は決して高いとは思わないでしょうが、旅となると他にも食事や観光、旅館にレンタカーと色々物入りになるもの。充実した旅の為に、少しでも新幹線代を安く上げるコツ、お教えしますね。

    新幹線に乗って旅に出る。日頃溜まりがちなストレスを発散するために、日常とは少し違う世界に行って脳味噌をリセットするために、旅は大きな力になります。出掛けましょう、新幹線で!お安いチケットで!

    新幹線の格安チケット、どこで探せばいいの?

    例えば国際線の飛行機に乗るとき、定価でチケットを買う人なんてそうそういないでしょ。インターネットで調べたり旅行代理店で相談したり、文字通り「格安航空券」が存在すること前提で旅程を組み立てます。

    じゃあ新幹線にも…なんて思って探しても見つからない。ホテルとセットのプランでお手頃なのは幾つか見つかったりしますけど、それ、新幹線のチケットがお安くなってるというよりもホテル料金が格安!みたいなイメージ。

    そうなんです。新幹線には飛行機ほどの「お得なチケット」はないと考えたほうがいいんです。それでも諦める必要はありません!探しに探した新幹線の「格安チケット」一覧、いきなり公開しちゃいます!

    今回は東京駅を起点に、出張や観光に便利な東海道新幹線での新大阪までのお値段で考えてみました。それぞれのチケットの説明は以下の記事を読んで下さいね。待ってろよ、たこ焼き!

    お安くのんびり旅を楽しむなら

    ぷらっとこだま(JR東海ツアーズ)

    時間にゆとりがあるのなら「ぷらっとこだま」はお薦めです。1ドリンク引換券付きで新大阪まで10,500円。グリーン車にも+1,500円で乗車することが可能です。各駅停車のこだまですので、4時間近くかかる新幹線の旅となります。各駅でのぞみやひかりに抜かれるための時間調整も頻繁に入ります。

    でも、それも旅。新幹線を旅先の移動手段として考えずに、こだま号に乗ったときから旅が始まっているのだと考えれば、車窓の風景を見るのもかけがえのない時間です。

    東京→新大阪 往復 21,000円(こだま指定席料金1ドリンク引換券付。片道10,500円ずつ購入)
    注意事項がいくつかあります。こちらを参照してください。
    切符ではなく募集型企画旅行です。必ず利用日の前日までに買うこと。当日は買えません。

    弾丸日帰り!時間がない人はこちら。しかも最安値

    日帰り1day 行っトクか!大阪(JR東海ツアーズ)

    日帰りならこの「日帰り1day」チケットがダントツです。大阪行き以外にも名古屋、京都、USJチケット付きなどバリエーションも豊富で、時間がないけど旅をしたい!そんな弾丸日帰り旅行を力強く応援してくれます。

    ですが日帰り。それは苦行です。限られた時間の中で、どれだけ美味しいものを食べ歩き出来るか、周到な計画が必要となります。観光?そんなことをしてる暇はありません。食べて移動、移動して食べる。この繰り返しを貴重な時間内に限りなく繰り返さなければなりません。日帰りってなかなかハード。

    観光ではなかなか大変な遠距離日帰りの旅も、仕事での出張やお見舞いなどごく限られた用途なら全然アリ、むしろお得。新幹線のチケットはTPOに合わせてお安く手に入れましょう。

    東京→新大阪 往復 20,100円~30,500円(のぞみ指定席料金。指定の東海キヨスクで使える3,000円分[税込]の利用券つき)
    GWや8月のお盆など利用するごく一部の日によって料金が異なります。詳しくは電子パンフレットを確認してください。
    オンライン申し込みでは、支店受取の場合は出発日の3日前まで、郵送の場合は6日前まで、コンビニ受取は8日前までに申し込んでください。

    シニアならこれがお薦め。50歳からの旅始め!

    50+(JR東海ツアーズ)

    たまには家族で旅行。大事な思い出を作る大切なイベントです。そんなとき、ご両親が(もしかしてあなた自身が)50歳以上なら、新幹線を含むツアーが安く購入出来る50+(フィフティ・プラス)を使ってみるのはどうでしょう。

    文字通り50歳以上の人でないと入会出来ないJR東海が運営するご褒美のようなお得サービス。その中でも「for50+」が特にお薦めです。ひかりやのぞみ等乗車する新幹線の種類、そして都心や郊外といった宿泊するホテルの種類によって金額が上下するのがツアーの常。でも、for50+なら安心の均一料金なんです。

    東京→新大阪 往復 23,500円(のぞみ・ひかり指定席料金。ホテル1泊付)
    50+は50歳以上の人が対象のJR東海のサービスですが東海地方にお住まいの方以外でも入会できます。JR東日本でも「大人の休日倶楽部」というシニア向けサービスを行っていますが、一部チケットは東海道新幹線が対象ではないのでご注意下さい。また、いわゆる電車の切符ではなくあくまでツアー商品で当日は買えないので、あらかじめ日程を立てて購入して下さい。
    カード払いの場合は出発の6日前、コンビニ払いの場合は7日前、銀行振込払いの場合は10日前までに申し込む必要があります。

    出張の多いサラリーマンに人気。でも旅行にだって使えちゃう!

    エクスプレス予約サービス・プラスEXサービス(JR東海)

    JR東海のお得なチケットサービスでもっとも代表的なものがこのEX予約とプラスEXです。この両者には少し違いがあります。

    エクスプレス予約を利用するにはJR東海エクスプレス・カードかJR西日本J-WESTカード(エクスプレス)、ビューカードを所有しているか加入する必要があります(会社のクレジットカード年会費が掛かります)。

    プラスEXを利用するには付帯サービスとしてプラスEXカードを提供している(クレジットカードの年会費とは別にプラスEXサービス利用料として税込みで540円が掛かります)クレジットカードを所有しているか契約する必要があります。両者の違いはこちらからご覧いただけます。

    新幹線のチケット購入は早いほうがお得です。ちょこっと複雑な料金体系になっていますが、早くてお安いのはIC早得タイプ21。これからは出発21日前までには旅行の日程を決めちゃおう作戦でお願いしますね!

    東京→新大阪 往復 22,000円(のぞみ指定席料金・IC早得タイプ21。片道11,000円ずつ購入)
    友だちと一緒なら、家族ならと他にも色々なプランが準備されています。自分の旅に合うスタイルを見つけてください。
    エクスプレス予約・プラスEXは乗車当日乗車予定新幹線発車時刻の4分前まで予約が可能ですが、IC早得タイプ21は出発1ヶ月前から21日前までに予約を行ってください。
    モバイルSuicaの会員でエキスプレスカードかビューカード(一部を除く)を持っている人は、EX-ICの利用登録を行うことでモバイルSuicaでエクスプレス予約を利用することができると同時に、モバイルSuicaだけで東海道新幹線に乗り降りが可能となります。ただし、iPhone7/7plusのApple Payを利用したSuicaは対象外です。ご注意ください。

    いざとなったら窓口で対面相談。心配しがちな初心者ならこれ!

    旅行代理店で宿泊とセットのパックを購入

    インターネットで検索すると国内旅行のプランをいくつも見つけることが出来ます。例えば旅行代理店のサイトから「国内ツアー」「新幹線+宿」「出張」などにフォーカスして調べると、目移りするほどに色々なプランが出てくるでしょう。

    選択するホテルによって、また選択する新幹線の種類によっては値段は高くなっていきますが、自分の望む旅の形を組み立てることが可能です。新幹線とホテルを安くして大阪のご飯は高級たこ焼きを食べるか、ホテルはちょっといいのんに宿泊して、夜のご飯はお安いたこ焼きを食べるか。旅を計画してる時が一番楽しい!かもですね。

    東京→新大阪 往復 22,300円〜(こだま指定席料金。ホテル1泊付・一例です)
    旅行代理店が発売しているプランは多種にわたりどれがベストなのか判らなくなってしまいます。予算の上限、食や観光を考えた際の宿泊地の2点を軸にして考えると悩みが少し減りますよ。
    例えば株式会社日本旅行の場合は3日前までの受付となります。申し込み利用する旅行代理店によって違いがある場合もあります。早めに問い合わせをしてください。

    出発当日に買えるのは魅力。自分で座席指定する一手間ありマス

    金券ショップで購入

    街で時々見掛けますよね。人によっては買い損ねた映画の前売り券を格安で買う為になどお世話になったこと、あるかも。そこで買えます、新幹線のチケット。お店によってお値段は少々違います。

    また、繁忙期など特定の期日では使えないチケットである場合もあります。購入される際は確認するようにしてください。

    東京→新大阪 往復 27,000円〜(のぞみ・ひかり・こだま指定席料金。片道13,500円ずつ購入)
    金券ショップで手に入れたらすぐに座席指定をするようにしましょう。そのままでは単なる乗車券付き特急券です。

    新幹線、奥が深いです

    望みのすべてを叶えてくれるお安い新幹線チケットはなかなかありません。どこかを立ててどこかは妥協して、それで得るのが贅沢旅行かのんびり旅行か美味しい旅行か柔らかいベッドか。

    ちょっとお安い新幹線チケットを見つけることが、すでに旅。そうして自分だけのスタイルが見つかるといいですね。

    Twitterで紹介!

    (image by PIXTA 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10)

    このライフレシピを書いた人