1. 暮らし
    2. 酸素系漂白剤をプラスするだけ!洗濯物の生乾き臭の元を落とす洗い方

    酸素系漂白剤をプラスするだけ!洗濯物の生乾き臭の元を落とす洗い方

    nanapi
    ここがおすすめ

    編集部からのポイント

    • ニオイを元から落とす

      洗剤が落としきれない細かい汚れを落とす

    • ひとさじ入れるだけ

      いつもの洗濯に「酸素系漂白剤」をひとさじプラスするだけ

    • 臭くなる前に

      普段からやっておくと嫌なニオイに悩まなくなる!

    • 天気が悪い日の室内干しは、洗濯物が乾きにくく、生乾きの嫌なニオイが気になりますよね。しかし、乾きにくい室内干しでもニオイを気にしなくてすむ方法があるのです。それは、普段の洗濯のときに「酸素系漂白剤」を入れるだけ。

      酸素系漂白剤は、使ったことがない人には馴染みのない名前かもしれませんが、ツンとした刺激臭もなく、色柄ものにも使えるため、初心者にも使いやすい漂白剤です。シミ抜きなどお洗濯に使うだけでなく、お風呂の皮脂よごれを落としたり、食器の茶渋を取ったり、家中のお掃除にも使えて本当に便利!

      今回は、酸素系漂白剤「オキシクリーン」でおなじみ、『株式会社グラフィコ』の田邊謙司さん(以下、田邊さん)に、お話をうかがいました。

      酸素系漂白剤で洗えるもの・洗えないもの

      普段の洗濯に混ぜるだけで生乾き臭の元を落としやすくしてくれる酸素系漂白剤ですが、洗えるものと洗えないものがあるので注意しましょう。

      酸素系漂白剤で洗えるもの

      • 洗濯表示で漂白剤使用可能のもの
      • 水洗い可能のもの

      酸素系漂白剤で洗えないもの

      • 金属のパーツがついた衣類(金属ボタンがついたシャツやズボン)
      • ウール製品(ウール混紡ニットなど)
      • シルク製品
      • 皮革製品
      田邊さん「 まずは洗濯表示のご確認をお願いします。オキシクリーンは、水洗いできないものや金属には使用をお控えください。金属に使用すると反応して変色してしまうことがあるので、洗える衣類でも、金属のボタン飾りなどがついていないか、確認してから使用してください」

      生乾きのニオイの元を落とす洗い方

      必要なもの

      • 普段使っている洗濯洗剤
      • 酸素系漂白剤
      どこで買えるの?
      酸素系漂白剤はドラッグストアやスーパーの日用品コーナーで売られています。もちろんネット通販でも買えます。商品名などを見ても「酸素系」なのかわからない場合は、パッケージの成分欄を見てください。「過炭酸ナトリウム」が一番最初に書かれていたら酸素系漂白剤です。

      やり方

      1最初に酸素系漂白剤を入れる

      • 空の洗濯槽の底に酸素系漂白剤を振り入れる

      酸素系漂白剤は、洗濯槽の底にばらまくように入れます。洗剤や漂白剤の投入口には入れません。

      洗濯物を入れる前に、洗濯槽に漂白剤を入れてから洗濯を始めたほうが、溶け残りが少ないとされています。

      入れる分量は製品のパッケージを確認
      酸素系漂白剤を入れる分量は、洗濯機に入れる水の量や、製品ごとに違います。お使いの製品のパッケージの表記に従ってください。

      2普段通りに洗濯機をセット

      • 1.漂白剤をばらまいた上から洗濯物を入れる
      • 2.普段お使いの洗濯洗剤を投入口にセットする
      • 3.普段通りに洗濯する
      あとから酸素系漂白剤を入れたいときは?
      洗濯物を入れたあとで酸素系漂白剤を追加したい場合は、酸素系漂白剤をお湯に溶かしてから加えると、溶け残りの心配がありません。
       
      やり方
       
      - 1.洗面器などにお湯をそそぐ
      - 2.そそいだお湯に酸素系漂白剤を入れて溶かす
      - 3.洗濯機に追加する
       
      お湯が用意できない場合は水でもOKですが、お湯のほうが溶けやすく、酸素系漂白剤の効果が発揮されやすくなります。ただし、熱湯はNG。泡が吹き出します。沸かしたお湯には水を混ぜるか、お風呂の残り湯などを使ってください。

      3洗濯物を干す

      • 普段通りに洗濯物を干す

      酸素系漂白剤を使って洗濯すると、室内干しでも嫌なニオイが気にならなくなります。

      ただし、洗濯物を湿ったままの状態で長時間放置すると、空気中の雑菌が洗濯物に付いて繁殖してしまい、そこから嫌なニオイが発生します。洗濯が終わったらすぐに干しましょう。

      濡れたまま放置しないでなるべく早く干そう!

      洗濯以外にも使える!

      酸素系漂白剤は「酸」という字が入っているので酸性だと勘違いしやすいですが、主成分である過炭酸ナトリウムは、水で溶かすと弱アルカリ性を示すアルカリ性の漂白剤です。アルカリ性の洗剤は、皮脂の汚れをはじめとした酸性の汚れに効果を発揮します。酸性の汚れであれば、洗濯に限らず、掃除や汚れ落としなどにも使えます。

      アルカリ性の洗剤は酸性の汚れに強い
      酸素系漂白剤はアルカリ性です。酸性の汗ジミや油汚れ、茶渋汚れなどに効果を発揮します。

      キッチンまわり

      排水口のごみ受けや三角コーナーも、酸性汚れなのでつけ置きですっきり。茶渋やくすみのついた食器もつけ置きでキレイになります。

      田邊さん「オキシクリーンの溶液は効果が6時間ほど持続します。汚れの程度に合わせて、つけ置き時間を調整してみてください」
      金属製のものは変色する可能性があるので使用しないでください。

      やり方

      • 1.洗い桶やバケツにお湯(50度前後)を入れる
      • 2.酸素系漂白剤を溶かす
      • 3.汚れを落としたいものを入れる
      • 4.10〜15分ほどつけ置く
      • 5.流水でよくすすぐ
      使い終わったらトイレに流して有効利用
      衣類のつけ置きや、キッチンのつけ置きで使った酸素系漂白剤は、トイレに流して放置すると消臭効果も期待できます。

      1つ持っていると便利

      普段の洗濯にプラスするだけで生乾きのニオイの元を落としやすくしてくれます。梅雨などの洗濯物が乾きにくい時期の前に、ぜひ酸素系漂白剤の導入を考えてみてはいかがでしょうか。

      普段の洗濯以外にも、つけ置きや掃除などにも使えるので、1つ持っているだけでとても便利ですよ。

      お話をうかがった方

      株式会社グラフィコ
      田邊 謙司さん

      このライフレシピを書いた人