1. 趣味
    2. 子どもの瞳がキラキラした写真を撮るコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    子どもの瞳がキラキラした写真を撮るコツ

    赤ちゃんの瞳がキラキラしている理由を知っていますか?

    とっても単純なことですが、それは赤ちゃんが上を向いているからです。上からの照明が赤ちゃんの視界に入り、瞳をキラキラさせているのです。

    このキラキラ、瞳の中をよーく覗き込んでみると、今どのくらいキラキラしているかがすぐにわかります。その際、自分が覆いかぶさって、光を遮らないように注意してください。

    赤ちゃんの寝転がる位置を変えてみたり、色々と工夫してみましょう。     
    本記事は、kodomocameraのご協力により、2010年に執筆されたものです。

    あんよができるようになったら

    寝転がっていなくても、キラキラの瞳を撮るためには、場所が肝心です。

    ポイントは、上を向いたときに、目線の先に光の源(照明)がある位置にいることです。ほんのちょっと立っている場所を変えるだけで、瞳はキラキラ輝きます。

    もちろん、日中の自然光も強い味方。なんだかキラキラしない!と迷ったときは、赤ちゃんに顔を近づけて、周りをぐるっと見回してください。一番明るそうな場所が視界に入るようにして撮れば、瞳の輝きはUpします。

    外でのオムツ換えはケータイカメラ撮影の大チャンス

    意外な場所では、天井に照明がいっぱいあるデパートやシャッピングセンターのベビールームもキラキラポイントです!照明が複数あるので、ちょっと覆いかぶさっても影もできにくいのです。

    オムツ換えのついでに、サッとケータイカメラで撮れば、待ち受け画像に最適な1枚を撮ることができます。

    セーフティベルトをしっかりとつけることを忘れずに!

    実例はこんな感じです。

    (text & photo by Ai Nakamura)
    (イラスト by にしだたまみ)

    関連ライフレシピ

    このライフレシピを書いた人