1. 料理
    2. おいしい刺身用マグロのサクを見分けるポイント

    おいしい刺身用マグロのサクを見分けるポイント

    日本人の大好きな「鮪(マグロ)」。お寿司、おさしみ、丼ぶりなど、色々な料理で楽しむことができますね。

    日本は、世界で生産されるマグロの1/4を消費しているほどのマグロ大国です。さらに、どこのスーパーでもマグロがサクの状態で売られているように、そのほどんどがお刺身で食されています。

    しかし、たくさんあるマグロのサクの中から「どれがおいしいマグロなんだろう…?」と悩んだことはありませんか?

    今回はおいしいマグロのサクの見分け方をお教えします。

    ポイント1:マグロのサクは筋目で選ぶ

    マグロには筋目がありますが、よく見るとひとつひとつ筋目の入り方が違います。おいしいサクはこの筋目で見分けましょう。

    最良品

    筋目が切り口と直角に平行に入っているもの。

    普通品

    筋目が切り口に対して斜めに入っているもの。

    選ばないほうが良い品

    筋目の状態が木の年輪のように入っているものや、筋目の間隔が広いものは味が落ちます。

    またマグロのサクに、白い筋の入っているものは避けましょう。

    ポイント2:マグロのサクは色目で選ぶ

    マグロのサクの色は、赤身の色が鮮やかなものが最良品です。またサクの中には、黒い斑点があるものがあります。

    この黒い斑点は血の塊なので、これがないものか、あってもできるだけ少ないものを選びましょう。

    商品の陳列棚の蛍光灯は、商品を赤く見せる効果があります。必ず陳列棚から離してチェックしましょう。

    ポイント3:マグロのサクはドリップのないものを選ぶ

    最近のマグロのサクは、とれたマグロを冷凍し、解凍したものを販売しているものがほどんどです。しかし、このサクは、時間が経つとドリップと呼ばれる赤い汁が出てきます。

    このドリップの中には、魚のうまみが含まれているので、ドリップが出ているサクは避けましょう。

    おわりに

    サクの見分け方さえ覚えておけば、ご家庭でもおいしいおさしみを食べることができます。

    せっかくのおしさみですから、おいしいものを食べたいですね。

    このライフレシピを書いた人