1. コミュニケーション
    2. 職場での大人の義理チョコマナー

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    職場での大人の義理チョコマナー

    このライフレシピのもくじたたむ

    バレンタインデーの日、意中の彼だけでなく、職場でお世話になっている人や家族に義理チョコをあげる人も多いと思います。甘ーいイベントだからこそ、日ごろの感謝を込めて贈り物ができるチャンスとして楽しくあげたいですよね。

    しかし、義理チョコだからこそ、渡す際には注意したいことも? 義理チョコを渡す際のマナーを紹介します。

    マナー

    職場の人にあげる場合

    職場の人にあげる場合は、必ず他の女性社員と一緒に渡すようにしましょう。理想としては、職場の女性から職場の男性へ、というグループ単位であげるのがよいでしょう。

    1人で先走って渡してしまうと、誤解をされかねないのでご注意を。チョコレートは高級なものを1人1粒という形にするのもいいですし、かわいいチョコレートを大量に買って駄菓子感覚で受け取れるようにしてもいいかもしれません。

    奥さんがいる人へあげる場合

    相手に奥さんがいる人にあげる場合は、カードか何かで「奥様と一緒にどうぞ」などのメッセージを添えましょう。奥さんに見られて気まずい思いをされたりしないよう、あらかじめ配慮しておくのがマナーです。

    複数の男性に1人であげる場合

    職場に自分しか女性がいないなど、1人で複数の男性にあげる場合は必ず同じ種類のチョコレート、もしくは値段などが同等のものを渡すようにしましょう。1人だけ高級なものだったり、見劣りするものだったりすると余計なトラブルを招きかねません。

    また、多勢の前であげるのもポイント。2人きりのときにあげると「俺に気があるのかも…」と余計な誤解をまねく可能性があります。

    ここでは、義理チョコらしいものをあげるのがおすすめです。手作りなどはできる限り避けて、市販のものにするのがよいでしょう。

    おわりに

    大事なのは「周りにも相手にも誤解させない」という基本的なマナー。義理チョコとはいえ、気持ちよく渡せるようにチェックしてみてください!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ