\ フォローしてね /

1000円以内で作れる、手作りアクセサリー(リボンネックレス)

このライフレシピのもくじたたむ

リボンのモチーフって、大人になっても可愛くてついつい身に着けたくなりますよね。今回は、違う素材のチェーンを2種類使ったリボンのネックレスの作り方をご紹介したいと思います。

材料は全て、貴和製作所というお店で揃えました。

必要なもの

左上から時計回りに

  • 丸カン 0.6×3mm
  • 金具セット No.11
  • つぶし玉 3mm
  • チェーン 235SF
  • チェーン(リボン用) 135S
  • 工具(ヤットコ、ニッパー)

です。材料費は合計で680円でした(工具は除きます)。

作り方

リボンのモチーフを作る

チェーンは135Sを使います。写真中央にある、真ん中が空洞になっているものをつぶし玉といいます。

135Sのチェーンをつぶし玉に通します。

下の写真の様に、リボンのモチーフを作ります。

通し終えたら、リボンの形を整えます。

ヤットコを使い、つぶし玉をつぶします。

余分なチェーンをカットします。これでリボンモチーフは出来上がりです。
リボンの大きさはお好みで良いと思います。ちなみに、私は以下のようなサイズにしました。

235SFのチェーンに、金具セットをつける

235SFのチェーンを用意します。長さはお好みで構いません。今回のものは、一本18センチでカットしてあります。

ヤットコとニッパーを使い、チェーンに金具セット(丸カン、ヒキワ、板ダルマ)を繋げます。

リボンモチーフとチェーンをつなげる

先ほど作ったリボンのモチーフの両端に、丸カンをつけます。

チェーンとリボンモチーフをつなげて出来上がりです!

完成!

つけてみると、こんな感じです。鎖骨に丁度かかるくらいの長さです。

チェーンの長さを変えて、お揃いのブレスレット等を作っても可愛いかと思います。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。