1. コミュニケーション
    2. 結婚祝いに品物を贈るときの基礎知識

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    結婚祝いに品物を贈るときの基礎知識

    結婚式のお祝いには、お金より、贈り主のことを長く記憶してもらえるお祝い品を贈りたいもの。

    でも、どんなものを選べばいいのか、そしてそれをどんなふうに贈ればいいのか、難しくて悩んでしまう…そんなときにお役立ちのライフレシピをご紹介します。

    贈る際の前提

    本人に欲しいものを聞こう

    まずは、同じような品物が重なってしまわないよう、相手の希望をあらかじめ聞いておくことが大切です。

    相手にいくつか候補をあげて、そのなかから希望の品を選んでもらえば失敗はないでしょう。予算が少ない場合は、ほかの友人とお金を出しあって連名で贈るという方法もあります。家電などの高価な品物を贈ることができます。

    希望を聞けない場合は…?

    相手から希望を聞けない場合は、

    • 複数あっても困らないブランドもののテーブルクロスなどの実用品
    • 複数あっても困らない高級なお箸(もちろん夫婦用で2膳)
    • 贈った相手にあとから選んでもらえるカタログギフト

    などを贈るのもひとつの手です。

    品物が決まったら?

    品物が決まったら、百貨店などで、お店の人におまかせしてしまいましょう。「こういう品物がいいと言われているのですが、どういう商品がいいですか?」とまで聞いて選んでもらってもよいでしょう。

    水引の付けかたなど、難しいマナーもすべて取り計らってもらえます。「結婚式なんですけど…」と伝えれば、きちんと結婚式用にやってくれます。

    お祝い品の選び方の基礎知識

    ただし、いくら「おまかせ」するとはいっても、品物の選びかたについて、あらかじめ最低限の知識は押さえておきましょう。

    切れる、壊れるはNG

    • 包丁やハサミなどの刃物は「縁が切れる」
    • ガラス製品や陶器、鏡などの割れ物は「仲が壊れる」

    といったイメージにつながるため、結婚祝いとしては避けるのが基本です。

    ペアのワイングラスなどを贈って喜ばれることもありますが、親しい間柄の友人ならともかく、目上の方への贈り物にするには注意が必要です。

    奇数はOK

    奇数は「割り切れない」ので、同種類のものが複数個になる贈り物をするときは、奇数個組にしましょう。ペア(2個)、半ダース(6個)、1ダース(12個)は、いずれも「1セット」と見なされるので、問題ありません。

    また、「末広がり」を意味する「8」は例外とされます。逆に、「9」は奇数ですが「苦」につながるので、「死」を連想させる「4」とともに避けるべきでしょう。

    贈る「時期」はいつがいい?

    お祝い品は挙式の1〜2週間前ごろに届くようにするのがベター。

    結婚式当日前後に届いてしまったり、また式場に持参したりするのは、先方の迷惑になってしまうので避けましょう。品物が到着する前に、ひとこと挨拶をしたためた手紙を送ることも忘れずに。

    大切な人への贈りもの。お祝いの気持ちが伝わるといいですね!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人