1. 暮らし
    2. しめ縄を使った正月飾りの飾り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    しめ縄を使った正月飾りの飾り方

    はじめに

    お正月のときには、門松やしめ飾りといった、正月飾り(お正月飾り)が、お正月気分を一層高めるものです!ルールを知って、正月飾りとともに気持ち良い新年を迎えましょう!

    正月飾りは、いつごろ、どんなものを飾るの?

    暮れのうちに飾る

    お正月の行事は、年神を迎えて祀るのが基本の精神。飾る時期は暮れのうちが原則。

    二十九日は「苦立て」、三十一日は「一夜飾り」になるといって忌む風習もあるので避け、二十八日か三十日に飾るのがしきたりです。

    門松は家庭の環境に合わせて選ぶ            

    門松は、神が宿る寄代で、一般的には松の木を使って竹や梅をあしらう地方が多く見られますが、地方によって素材や形もさまざまです。

    現在では、伝統的な門松はスペース上の問題もあり、簡易化しています。
    簡易の門松なども売っているので、お手軽に済ませたい場合はそういったものを利用しましょう!

    神の宿る場所や入り口にしめ縄、しめ飾りを

    しめ縄は周囲の汚れを断つ神聖な場所に張るものです。
    神の在所である神棚は、新しいしめ縄に張り替えるようにします。

    神の宿る場所や各神の領域の入り口、つまり玄関や床の間、仕事場、台所などに飾ります。

    床の間がなければ家の中心に床飾りを用意

     
    床飾りは、もともと神を祀る場所である床の間の飾りです。中央上部にしめ飾りを掛け、お正月らしい図柄や字句の掛け軸を掛けます。

    中央には鏡餅、その上手(右側) に屠蘇器、下手に花を活けますが、屠蘇器の代わりに香炉や置物を置いてもかまいません。

    床の間がない場合は、家の中心となる場所に正月飾りをすればいいでしょう。

    この場合、掛け軸の代わりに干支の置物やお正月らしいものを飾っても良いですね。

    しめ飾りや輪飾りをした場所に鏡餅を供える

    神様へのお供えである鏡餅は、しめ飾りや輪飾りを飾った場所に供えます。

    鏡餅の供え方

    • 1.三方に半紙二枚を十字に交差させて敷き、裏白というしだの葉を四隅に向けて置きます。
    • 2.その上に鏡餅を供え、橙をのせます。
    このライフレシピを書いた人