1. 暮らし
    2. 一人暮らし「お部屋探し」のコツ(時期編)

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    一人暮らし「お部屋探し」のコツ(時期編)

    このライフレシピのもくじたたむ

    新しい生活を控え、これまで両親と住んでいた家を離れ独立をされる方も、多くいらっしゃると思います。そんな方に、お部屋探しのコツをご紹介いたします。ポイントはたくさんあるので、今回は時期に注目してみましょう。

    一人暮らしを始める時期

    引越しが多い時期

    最も引越しが多い時期は、1月~3月です。4月からの新年度に向けて引っ越しする人が多くなるのです。

    この時期、かなりの速さで契約が決まっていくので、あまり迷っている暇はありません。貴方が内見している間にも、契約されるという事態が起こります。

    ただ入居希望者が多いということは、退居される方も多いということ。タイミングが良ければ、希望の部屋を契約することも出来るでしょう。

    1月~3月に引っ越さなければならない場合

    この時期は、物件を見つけ契約するまでは約1週間です。そして、契約と同時に家賃が発生します。

    例えば3月から住み始めたい場合、前月の2月には決めなければなりません。しかしあまり早くに部屋を決めても、前述のとおり契約と同時に家賃が発生するため、住んでいない期間も家賃を払わなければならないのです。

    例えば月の半ばに契約すると、残りの日数分の家賃を日割りで請求されます。契約時に賃貸で借りている方は、2重に家賃が発生することになってしまうのです。

    月別の引越し事情

    • 4月~5月

    3月までに契約がなされなかった物件が、良い条件で残っている場合があります。また家賃の値下げ交渉などが、比較的行いやすい時期でもあります。

    • 8月

    最も礼金や日割り家賃、家賃交渉がしやすい時期になります。ピーク時と比べ、数万円も家賃が安かったりする事もあります。

    • 9月~10月

    転勤等があるので、ファミリーの部屋探しが多い時期です。

    • 12月~1月

    ピークの時期が近づき、家賃交渉などが段々と難しくなってきます。

    おわりに

    今回は時期に着目しご紹介しましたが、契約までにはもっともっと多くのポイントを抑えなければなりません。他のポイントについては、別の記事でご紹介いたします。

    こちらも一緒にどうぞ!!

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ