1. 暮らし
    2. キリスト教式の通夜の方法と献花の作法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    キリスト教式の通夜の方法と献花の作法

    キリスト教式葬儀も、数は少ないものの行われています。

    基本的なマナー

    服装は?

    通常の喪服などで大丈夫です。

    忌み言葉

    「ご冥福をお祈りします」などが忌み言葉とされるケースもあります。詳しくは

    をごらんください。

    御香典は?

    キリスト教では線香やお焼香がありませんので、「御香典」はありません。

    • 御霊前
    • 御花料

    などとのし袋に書くのが一般的です。「御霊前」が、仏式でも神式でもキリスト教式でも使えるので一番無難でしょう。

    キリスト教式の通夜の方法は?

    「式次第」のプリント

    進行の仕方がわからなくても、多くの場合、会場で「式次第」のプリントが用意されています。

    賛美歌や聖歌の歌詞が書かれていることもあるので安心しましょう!

    献花をします

    献花とは、名の通りお花を捧げることです。キリスト教の場合は焼香の代わりに、献花を行うことが多いです。

    キリスト教信者は十字を切って祈りますが、信者でなければ一礼するだけでOKです。

    献花の作法

    STEP1

    花が右手になるように両手で持ち、遺影に一礼して献花台まで進む

    STEP2

    花が手前になるように回す

    STEP3

    両手で献花台に捧げる

    STEP4

    遺影に一礼し、少し下がってから遺族と神父に一礼して戻る。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ