\ フォローしてね /

知っておくと使える!!漂白剤の種類と使い方

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

洗濯用の漂白剤、どれを使っていいのか、どう使っていいのか迷ったことありませんか?漂白剤と一言にいっても、数種類存在し、それぞれに特徴があります。

漂白剤の種類と特徴を知って、上手く漂白剤を使っていきましょう!!

種類と特徴

市販されている漂白剤は、下記の3種類の漂白剤があります。

酸化型塩素系

  • 特徴: 漂白する力が強く、効果が大きい。その代わりに、生地への影響も大きいため注意。除菌・徐臭力も強く、台所のふきんなどの漂白によく使われる。
  • 使えるもの: 白もの(綿、ポリエステル、アクリルなど)
  • 使えないもの: 毛、絹、ナイロン、アセテート、ポリウレタン、色柄もの、金属製の付属物のついたもの
  • 市販物例: ハイター(花王)/ブライト(ライオン)
まとめ: 漂白力は強いが生地への影響が大きいため、汚れが激しい時に必要な範囲で使う。

酸化型酸素系

  • 特徴: 塩素系に比べて漂白力は弱いものの、生地への影響が少ないため、幅広い素材に利用できる。衣類全体の黄ばみや色柄物、化学繊維などを漂白するときに向いている。
  • 使えるもの: 白もの/色柄ものにも使える (綿、ポリエステル、アクリル)
  • 使えないもの: 毛、絹、ナイロン、アセテート、ポリウレタン、金属製の付属物のついたもの
  • 市販物例: ワイドハイター(花王)/カラーブライト(ライオン)
まとめ: 日常の洗濯に最も使いやすい。基本的にはこれを中心に使うようにする。
粉末タイプと液体タイプがあり、粉末タイプの方が漂白力が高いため、色柄物の衣類に液体の酸素系漂白剤を使用し、白い衣類に粉末の酸素系漂白剤を使用するとよい。

還元型

  • 特徴: 鉄さびなど鉄分による黄変や、一部樹脂加工品の塩素系漂白剤による黄変など酸化型漂白剤で落ちないシミが落ちる    
  • 使えるもの: 水洗いできる白もの(木綿・麻・化学繊維・毛・絹)
  • 使えないもの: すべての色柄もの、金属製の付属物のついたもの
  • 市販物例: ハイドロハイター(花王)
まとめ: 普段はあまり利用しない。必要な際は、利用法をしっかりと確認の上使う。

おわりに

これからのお洗濯の役に立ちましたか?

最後に・・・市販されている洗剤や漂白剤で「まぜるな危険」と表示されているものがあります。

これは、塩素系漂白剤に賛成の洗剤などと混ぜると、猛毒の塩素ガスが発生するため、それを注意することを目的とした表示です。「まぜるな危険」の表示があるモノは、絶対に混ぜて使わないようにしてください。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。