\ フォローしてね /

ゆで卵の飾り切りの裏技

このライフレシピのもくじたたむ

朝の忙しい時間にお弁当をつくっていると、ぱぱっと手間なしで作れて、見栄えがいいおかずのありがたさが身にしみます。

そんなときにおススメなのが飾り切りしたゆで卵。いつもの卵がちょっと豪華に見えます。この方法なら、包丁使いが苦手な方でも大丈夫ですよ。

用意するもの

  • 爪楊枝
  • 木綿糸や絹糸 15センチくらい

やり方

STEP1:爪楊枝に糸を結ぶ

爪楊枝の太いほうの溝に、しっかりと糸の端を結び付けます。

STEP2:爪楊枝を卵に刺す

糸を結んだほうの先を、ゆで卵の真ん中にさします。爪楊枝の先端が、できるだけ黄身の真ん中にくるようにしましょう。

STEP3:糸を上下にジグザグに引っ張る

さした爪楊枝が動かないように支え、糸を上下にジグザグに動かしながら一周します。

STEP4:2つに割る

一周したら、上下を持って静かに割ります。飾り卵の完成です。

おわりに

包丁できると、いびつになったり黄身がぼろぼろしてしまう飾り切りですが、この方法ならきれいに手早く切ることができます。お試しください!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。