\ フォローしてね /

めんどくさがりさんでもすぐにできるキレイな部屋の維持方法

部屋が汚くても全く気にならないし、それでいいと思ってるという方は、あまりおられないのではないかと思います。キレイにしたいと思いつつも時間がなかったり、めんどくさかったりで… ということではないでしょうか。

今回は、めんどくさがりな自分でもできている、あまり手間とお金をかけずにキレイな部屋を維持できる方法についてご紹介したいと思います。

部屋に出ているものを減らす

物がたくさん出ていると、それを片づけなければ掃除ができないので、めんどくさくなって結局やらないという悪い循環になってしまいます。

掃除しやすい環境作りが第一歩です。持ち物の仕分けや収納の仕方を考えるのは時間があるときにと割り切って、まずは、目に入る部分で出ているものを物理的に減らすことを優先します。

大きいものを物入れにしまうことも大事ですが、窓のサッシやちょっとした飾りのつもりで置いているこまごましたものは、この際一気にしまってしまいましょう。

ゴミになるものを持ちこまない

街頭で配られるチラシやDMの類は基本的に家に持ち込まないようにしましょう。受け取ってしまったときには、コンビニのゴミ箱など自宅以外の場所で捨ててしまうことがゴミを増やさない秘訣です。

また、コンビニで購入したペットボトルのお茶などを持ち帰ると、飲みきらないまま、次の日に、また購入して飲みかけのものばかりが溜まってしまうこともあります。また、カップラーメンなどもゴミが出るもとです。

コンビニは確かに便利ですが、よく考えて利用するようにしましょう。ポイントは、なるべく持ち帰ることは避けることです。

モノの定位置を決める

部屋に置くものを減らしたら、それぞれを置く場所をキチンと決めて、使ったら必ずその場所に戻すようにしましょう。といっても、引き出しの中などにイチイチしまうのがめんどくさいと思うのが本音であり、続かないものです。

  • 箱の活用

リモコン類、文房具、雑誌類などというように大きなくくりの箱を作っておくようにします。そうすることで、探し回ったあげくモノを散らかしてしまうことも避けることができます。

  • 未処理BOXの設定

日々届いて溜まっていく封書やハガキは、未処理BOXを作り、その中に放りこんでおくようにします。

休日など、ある程度時間がとれるときに、一気に仕分けして、必要ないものはすぐに捨て、処理が必要なもの(返事を出す、申込が必要)はその日のうちにしてしまうようにします。

箱を作っても、床には極力置かないようにしましょう。

基本は拭き掃除だけでOK

物を減らし、場所を決めて、散らかっているゴミがない状態であれば、平らな部分を拭くことでキレイな状態を保つことができます。イチイチ動かすこともないのでモップでさっとヒト拭きするだけです。

埃は平らな部分に、日々溜まっていきます。毎日、机の上、窓のサッシ、そして床など平らなところを拭いておくだけでずいぶんと違います。ここで、こまごまをなくしておくことが生きてきます。

おわりに

努力というよりは、簡単なポイントを押さえることでキレイに保つことができることに気づいていただけたでしょうか。

キレイな部屋は、健康のためにも、精神衛生上も有益ですので、ぜひ、実践していただければと思います。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。