1. 趣味
    2. バレンタインに最適!不器用さんでもできるラッピング方法!

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    バレンタインに最適!不器用さんでもできるラッピング方法!

    このライフレシピのもくじたたむ

    かわいい袋にいれてシールを貼るだけでも充分かわいくはなりますが、やっぱりプレゼントにはリボンをつけたい!と思う方は是非こちらのラッピング方法をお試しください。簡単です。

    準備するもの

    • 紙袋(プレゼントに対して少し大きめのサイズ)
    • 中に入れるもの(プレゼント)
    • リボン
    • はさみ
    • 穴開けパンチ
    穴開けパンチが家にない場合、100円ショップで以下のような1つ穴を開けるものが売っているかと思います。近所の100円ショップをチェック!

    やり方

    1: 中身を紙袋に入れます。

    2: やや下の方になるように寄せておきます

    3: 紙袋の口の部分を5cmほどの幅で折り曲げます

    4: 口の部分を手前に持ってきて、裏返します

    5: 幅 4分の1 のところにパンチで穴を開けます

    6: 左右対称に穴を開けます

    7: 紙袋を後にしたまま、後ろからリボンを通します

    リボンの両端を両穴に通す手順で行います

    8: 表向きにします

    9: リボン結びにします

    ここで普通にリボン結びにすればOKなのですが、以下はきれいなリボンにするコツをご紹介。このコツどおりにすれば立て結びになったりリボンが斜めになったりすることがなくなりますよ

    最初に結んだ時、右にくるリボンが下側になるようにします

    下側にきた右のリボンで輪っかをつくり、

    左のリボンを上から通していきます。(写真は右手だけで分かりづらいですが、本来右手は輪っかになったリボンを押さえ、この工程は左手で行います)

    これ以外は通常のリボン結びを行えばOKです!

    10: リボン結びができましたね

    11: 最後にリボンの先端をキレイにカットしていきます

    12: リボンの先端をちょうど半分になるように折ります

    山折りでも谷折りでもOKですが、個人的には山折りのほうが見た目がきれいになるかと思います。

    13: 中心に向かって斜めにカットします

    中心部分が一番短くなるように斜めにカットしてください。

    14: プレゼントっぽいリボンになりました

    15: もう一方のリボンも長さをそろえ、同じ要領でカットします

    16: できあがり!

    リボンの素材にもよりますが、トイレットペーパーのようにロールして保存しておいたリボンは写真のようにクルクルっとなります。

    さいごに

    不器用だしラッピングが苦手、という人もこれなら大丈夫です!手作りチョコやお菓子も一段とかわいくなるので是非やってみてください。

    リボンの色や素材によってはイメージが全然変わります。包装紙と近い色のリボンでやると失敗がないのでオススメです!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ